top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

宝くじ研究家が発見「埼玉県」売り場が爆当たりを呼ぶ!

女性自身

宝くじ研究家が発見「埼玉県」売り場が爆当たりを呼ぶ!

いよいよ11月24日に発売開始となる年末ジャンボ宝くじ。思い返せば苦しいことばかりだった今年の運を一気に使うのは、ここしかない! そこで、本誌が発見したコロナ禍に苦しんだ1年を大逆転させる“夢の法則”を公開ーー。

 

「今年の5大ジャンボで、全国どこの売り場から大当たりが出たのか、くわしく分析したところ、びっくりする発見がありました」

 

こう語るのは、風水に詳しい宝くじ研究家の山下剛さん。本誌では、昨年の年末から、ハロウィンまでの5大ジャンボの1等当せん売り場リストを独占入手。山下さんと検証したところ、浮かび上がってきたのは、意外な法則だった。

広告の後にも続きます

 

「今年はコロナ禍による営業自粛により、ドリーム期間に大部分の売り場が休業しました。そのため、売り上げが大幅に減少し、1等5億円(前後賞含む)は全国で5本しか出ない狭き門でした。このせいもあって、47都道府県で、昨年年末からサマーまでを通して、すべてで1等が出ているのは、埼玉県だけなんです」(山下さん)

 

【埼玉県本庄市】児玉ヤオコーチャンスセンター=2019年「年末ジャンボ」1等10億円当せん

【埼玉県さいたま市】大宮西口DOMチャンスセンター=「東京2020協賛ジャンボ」1等3億円当せん/2020年「サマージャンボ」1等7億円当せん

【埼玉県川口市】宝くじロトハウス川口八間通り店=2020年「ドリームジャンボ」1等5億円当せん

【埼玉県行田市】行田カインズチャンスセンター=2020年「サマージャンボ」1等7億円当せん

 

さっそく本誌は、今年ジャンボ1等が出ている埼玉県の売り場を直撃。その背景を探ってみた。

 

なんといっても注目なのは、東京2020とサマーの2ジャンボで1等計10億円が出た、さいたま市「大宮西口DOM チャンスセンター」だ。

 

「おかげさまで今回のサマー1等7億円で平成以降の高額当せん金が累計100億円を突破しました」

 

と、販売担当の高橋昭光さん。売り場の人気者は、ジャンボ販売時のみに店頭に登場する人の背丈より大きな金色のジャンボ招き猫の玉ちゃんだ。

 

「地元春日部張り子の職人さんの手作りで、ほとんどのお客さんが購入したくじを玉ちゃんにこすってゲン担ぎしていきます。今年の2ジャンボの1等当せん者もこすっていったはず。玉ちゃんパワーは絶大です」

 

冒頭の山下さんはこう分析する。

 

「今年は古来中国の易で見ると、庚子の年。古代の遺跡のある土地が注目され、パワーが宿る年とされています。埼玉県は古墳が多いことでは全国有数。とくに行田カインズチャンスセンターのある行田市の『さきたま古墳群』は今年3月に国の特別史跡に指定されたばかり。今年、激ツキエリアになるべくしてなっていると思います。今年の年末もこのエリアから目が離せませんね」

 

「女性自身」2020年12月1日・8日合併号 掲載

TOPICS

ジャンル