top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

AKB48[イベントレポート]初のe運動会で深めた揺るぎなき絆「AKB48は進化し続けているのだということを、もっと世の中に示したい」

Pop'n'Roll

AKB48が、11月23日(月・祝)に動画配信プラットフォーム『OPENREC.tv』にて、メンバー総勢100名が参戦する史上最大規模のアイドルe運動会<AKB48 e運動会 〜離れて強くなったもの、は本物。〜>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

AKB48が、チームA・チームK・チームB・チーム4・チーム8と5つのチームに分かれてeスポーツで競い合った同イベント。

MCは、AKB48最後の1期生・峯岸みなみと、NON STYLE(石田明・井上裕介)が務め、スタジオから参加するメンバーとオンラインで参加するメンバーを繋ぎながら進行していった。

(C)AKB48

今回競技するeスポーツの対戦ゲームは、8月18日(火)のサービス開始以来ファンのみならずAKB48メンバー内でも人気のAKB48公式ゲームアプリ『AKB48のどっぼーん!ひとりじめ!』に加え、『ぷよぷよeスポーツ』、『⻘⻤オンライン』、『みんなで早押しクイズ』、『荒野行動』の5タイトル。

広告の後にも続きます

対戦前に行なわれたミニライブでは、チームAによる「大声ダイヤモンド」「ずっと ずっと」を皮切りに、各チーム2曲ずつ披露。

チームA総監督の向井地美音は、“『みんなで早押しクイズ(みんはや)』でAKB48クイズが出題されるということで、以前<AKB48グループセンター試験>で1位を獲った私が、絶対に1位の座を勝ち取りたいと思います”と語ると、チームBの柏木由紀は“『みんはや』で、私がこんなに⻑くいる理由を見せつけなきゃなと思うので、1位を目指して頑張りたいと思います!”とコメント。

また、チームKの倉野尾成美は“ゲームは好きなので、チームに貢献できるように、チームKが優勝するように頑張りたいと思います!”と意気込みを語った。コロナ禍の中、久しぶりの全メンバー参加イベントとあって、各チームともに気合十分。オープニングからスタジオは熱気に包まれた。

(C)AKB48

(C)AKB48

(C)AKB48

(C)AKB48

MCの峯岸は、今回のe運動会のサブタイトル“〜離れて強くなったもの、は本物。〜”について、“直接会えなくなっても、私たちは仲間でいられること。たとえ離れていても、一緒に力を合わせ闘っていられること。新しい挑戦を通じて、今年きっと強くなった私たち自身を、仲間との絆を試したい。そして、AKB48は進化し続けているのだということを、もっと世の中に示したい。e運動会に挑むAKB48のそんな意気込みが、このサブタイトルには込められています!”と説明し、いよいよe運動会がスタートした。

最初の対戦は『ぷよぷよeスポーツ』で、スタジオメンバー2名参加のトーナメント形式となった。

経験メンバーも多く、大きな盛り上がりを見せた同ゲーム。決勝戦は、チームK対チームBに。チームBの大家志津香が怒涛の連鎖を見せ、2勝1敗で大家・岩立沙穂コンビが1位にとなった。

『みんなで早押しクイズ』では、スタジオメンバーから1名、リモートメンバーから5名が参加し、総勢30名で早押しクイズに挑戦。今回のために用意されたAKB48にまつわるクイズが出題され、メンバーでも答えられないような難しい問題に、向井地や柏木が頭を抱える場面も。同ゲームは、前半戦はチーム4の村山彩希、後半戦はチームKの武藤十夢が制した。

最後の対戦は、サバイバルバトルゲーム『荒野行動』に。メンバー全員が参加し、最後の1人になるまで対戦を行なった。チームごとに戦略を立てて挑み、チームBの奥原妃奈子が見事1位を獲得した。

(C)AKB48

(C)AKB48

(C)AKB48

約3時間半に渡る熱戦の結果、勝利を獲得したのは、大家や奥原の活躍が勝因となったチームB。チームBは530点で圧勝し、優勝賞品としてトロフィとゲームに最適なタブレット端末、(ソーシャルディスタンスを保ちながら)チームで楽しめるお食事券を獲得した。

優勝した感想を問われると大家は、“(ゲームは)不得意だと思っていたけど、意外に得意なんだ!と思いました。(アイドルなので、ゲーム中も)顔を作らなきゃいけないなと学びました”と話すと、MCのノンスタイルが“そうですよ、チームBのみなさん全員そうですよ! 柏木さんも含めてみなさん”と鋭いツッコミをした。

イベント終了後のアフタートークでは、優勝したチームBの中から佐藤朱がMVPに選ばれ、11月下旬発売予定の『Platina FLASH』(光文社)にソロでグラビア出演することが決定。

最後に大盛真歩が“運も味方して優勝することができました。チームBすごく最強だなって思えて嬉しかったです!”と挨拶し、アフタートークを締めくくった。

AKB48初のeスポーツイベントとなった<AKB48 e運動会 〜離れて強くなったもの、は本物。〜>は、全チームが事前に何度も練習してイベントに臨んだことで、チームの信頼関係や団結力・絆がさらに深まるものとなった。

なお、AKB48は、11月28日(土)、29日(日)に、新ユニット3組『Lacet(レセ)』、『GRATS(グラッツ)』、『SENSUALITY(センシュアリティ)』の初公演をAKB48劇場で行なう。また、12月8日(火)には“AKB48劇場15 周年”を迎える。

AKB48 e 運動会 〜離れて強くなったもの、は本物。〜

2020年11月23日(月・祝)
『OPENREC.tv』内「SUPERLIVE by OPENREC」

MC:NON STYLE(石田明・井上裕介)さん、AKB48 峯岸みなみ
プレイヤー:AKB48メンバー99名(内69名はZOOMによるオンライン出演)
※オンライン出演の清水麻璃亜(チームB)と岡田奈々(チーム4)は一部出演予定
※本田仁美(I*ZONE専任中)を除く
●スタジオ出演メンバー
AKB48チームA
岡部麟(キャプテン)、小栗有以、田口愛佳、千葉恵里、向井地美音、横山由依
AKB48チームK
込山榛香(キャプテン)、小田えりな、倉野尾成美、⻑友彩海、武藤十夢、茂木忍
AKB48チームB
岩立沙穂(キャプテン)、大家志津香、柏木由紀、久保怜音、佐々木優佳里、谷口めぐ
AKB48チーム4
村山彩希(キャプテン)、浅井七海、大⻄桃香、大森美優、濱咲友菜、山内瑞葵
AKB48チーム8
坂口渚沙、下尾みう、鈴木優香、永野芹佳、藤園麗、立仙愛理

●オンライン出演メンバー
AKB48チームA
入山杏奈、奥本陽菜、加藤玲奈、佐藤美波、篠崎彩奈、鈴木くるみ、⻄川怜、前田彩佳、道枝咲、宮崎美穂、山根涼羽、吉田華恋、古川夏凪、本田そら
AKB48チームK
市川愛美、岡田梨奈、小林蘭、下口ひなな、橋本陽菜、春本ゆき、左伴彩佳、武藤小麟、安田叶、湯本亜美、横山結衣、末永祐月、永野恵
AKB48チームB
大竹ひとみ、大盛真歩、奥原妃奈子、川原美咲、北澤早紀、齋藤陽菜、佐藤朱、清水麻璃亜、田北香世子、中⻄智代梨、服部有菜、福岡聖菜、山邊歩夢、吉川七瀬
※清水麻璃亜は一部出演予定
AKB48チーム4
稲垣香織、岡田奈々、行天優莉奈、黑須遥香、佐藤妃星、髙橋彩音、多田京加、達家真姫宝、馬嘉伶、宮里莉羅、本間麻衣、石綿星南、蔵本美結、吉橋柚花
※岡田奈々は一部出演予定
AKB48チーム8
上見天乃、歌田初夏、尾上美月、蒲池志奈、坂川陽香、髙橋彩香、高岡薫、徳永羚海、⻑谷川百々花、平野ひかる、福留光帆、松村美紅、御供茉白、山田杏華

対戦結果
1位:チームB(530 点)
2位:チームK(140 点)
3位:チームA(80 点)
4位:チーム4(20 点)
5位:チーム8(0 点)

<AKB48 e運動会〜離れて強くなったもの、は本物。〜>ミニライブ
日程:11月23日(月・祝)
OPENREC.tv
Overture
M1 大声ダイヤモンド(★チームA 岡部麟、小栗有以、田口愛佳、千葉恵里、向井地美音、横山由依)
M2 ずっと ずっと(★チームA)
M3 回遊魚のキャパシティ(★チームK 込山榛香、小田えりな、倉野尾成美、⻑友彩海、武藤十夢、茂木忍)
M4 彼女になれますか?(★チームK)
M5 オネストマン(★チームB 岩立沙穂、大家志津香、柏木由紀、久保怜音、佐々木優佳里、谷口めぐ)
M6 遠距離ポスター(★チームB)
M7 考える人(★チーム4 村山彩希、浅井七海、大⻄桃香、大森美優、濱咲友菜、山内瑞葵)
M8 ハートの脱出ゲーム(★チーム4 )
M9 11月のアンクレット(★チーム8 坂口渚沙、下尾みう、鈴木優香、永野芹佳、藤園麗、立仙愛理)
M10 制服の羽根(★チーム8)

TOPICS

ジャンル