top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

免疫力アップには「からだの冷え」が大敵?専門店から温活メニュー続々登場

TOKYO HEADLINE

 感染リスクが高まる真冬に向けて、高めておきたい免疫力。規則正しい生活や適度な運動はもちろんのこと、意外と見落としがちなのが「からだの冷え」。内臓が冷えて動きが鈍ると、ストレスや倦怠感を感じやすくなり、免疫力が低下するとの指摘もある。コロナ禍でこれまで以上に健康意識が高まる中、都内で続々と登場する「温活メニュー」をご紹介。

体内発酵メニューで「腸冷え」を改善  南青山で美腸・腸活を意識したメニューを中心に展開するカフェ『L for You』では、免疫力アップに期待できる「体内発酵メニュー」が登場。彩り豊かな一品で、内臓の中でも特に冷えやすいと言われる腸に、おいしくアプローチしたい。  新メニューは、大腸内で善玉菌のエサとなり、体内で発酵する水溶性食物繊維「イヌリン」を豊富に含むのが特徴。免疫力アップのために納豆やヨーグルトなどの発酵食品が効果的というのは知られていても、水溶性食物繊維が重要であることはあまり知られていないもの。水溶性食物繊維のイヌリンは、ゴボウや玉ねぎ、ニンニクに多く含まれ、食べることで体内で発酵し、「短鎖脂肪酸」が作られる。この短鎖脂肪酸が体温を上昇させて、エネルギー消費を増やすほか、善玉菌の住みやすい環境を作り、腸内環境を改善する効果も期待されている。

 2つのメニューは、イヌリンを多く含むゴボウや玉ねぎ、ニンニクを使用したほか、100%グルテンフリーの食材や発酵食品を取り入れて、より効果的に腸内環境にアプローチ。  ゴボウと旬のキノコをたっぷり使ったスープは、生姜や長ネギのベースで体を内側からぽかぽか温めてくれるほか、ビタミン、ミネラル、イヌリンと、栄養素が豊富。味付けには酒や味噌などの発酵食品を使用して、発酵食品の善玉菌×善玉菌のエサとなるイヌリンの組み合わせで腸内環境にWの効果が期待できそう。  グリルした季節の野菜をラザニア風に重ねて焼いたケークサレは、ミートソースにみじん切りにしたゴボウや玉ねぎ、ニンニクを使用して、イヌリンたっぷり。また、大豆ミートのミンチを使用しているので、ヘルシーだけどお肉のような触感も感じられる。体内発酵メニューは12月31日まで。善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維を意識的に摂り入れて、おいしく免疫力アップを図って。

薬膳ダイニングが銀座にオープン。からだの内側からぽかぽか  11月16日に銀座にオープンしたのは、薬膳ダイニング『銀座しんのう』。「食によるセルフメディケーション」を目指して、薬だけに頼るのではなく、カジュアルな薬膳料理を取り入れた、からだに良いお酒や料理を取り揃える。  ランチのおすすめは、約25種類の生薬・スパイスを使用した「薬膳キーマカレー」。砂糖を使わず、生薬・甘草由来の甘さで仕上げたカレーは、まろやかな甘さとスパイスの辛味が口に優しい一品。秋冬におすすめな百合根など、5色の薬膳ドレッシングを添えた「パワーサラダ」もボリューム満点。からだを冷やしにくい人参や香辛料クミンを取り入れ、冷えに配慮されているのも嬉しいところ。ディナーでは温かさにほっこりする「しんのう風サムゲタン」や、岩手の農場で漢方飼料で育った「漢方牛」などがラインナップ。薬膳=中華というイメージをがらりと変えて、洋風、和風、オリエンタルといったバラエティ豊かな味が楽しめる。

 店内にずらりと並ぶ約30種類の薬酒は、来店客の体調や体質に合わせて提供してくれる面白い試み。体質チェック表に基づいてブレンドするオーダーメイド薬酒や、オーナーおすすめの薬酒アドバイスなど、初めてでも気軽な薬酒体験ができる。食前には、悪酔いを防ぐ「さんざし酒」や「さんざし茶」、抗菌・抗ウイルス効果が期待されている「板藍茶(ばんらんちゃ)」などもお願いできるといい、体調バランスを整えながら、薬酒の知識も広げられそう。  美味しく食べてからだを温めるのが、免疫力アップの近道。食のセルフケアを心掛けて、コロナ禍の冬を乗り越えて。

広告の後にも続きます

「美腸活 CAFÉ&GROCERY L for You」 住所:東京都港区南青山 3-9-3 池上ビル 1F 電話:03-6459-2504 営業時間:月曜ー土曜(10:00-20:00)/ 日曜(10:00-17:00)

「銀座しんのう」 住所:東京都中央区銀座3-11-7 電話:03-6264-3412 営業時間: 11:30~15:00 17:00~24:00(L.O.23:00) 定休日:日曜

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル