top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

大島優子演じる三和、意見の相違で秘書軍団と険悪ムードに…『七人の秘書』第5話

テレビドガッチ


木村文乃が主演を務め、広瀬アリス、菜々緒、シン・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介が“影の仕事人”となり、人知れず悪をぶっ潰していくドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第5話が、11月19日に放送される。

本作は、『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズや『ハケンの品格』などを手掛けた中園ミホが脚本を担当。望月千代(木村)、照井七菜(広瀬)、長谷不二子(菜々緒)、パク・サラン(シム)、風間三和(大島)という5人の秘書たちと、情報屋の鰐淵五月(室井)、そしてこのメンバーの元締めとなる萬敬太郎(江口)が“影の軍団”となって、金や権力にまみれた非情な支配者たちを懲らしめていく。

先週放送された第4話は、不二子を中心としたストーリーが展開。不二子の辛い過去が明らかになり、それを乗り越え被害者を助け出す姿に、「カッコいいな。惚れ惚れする」「戦うことを決めた不二子さんかっこよかったなぁ」と称賛の声が寄せられた。

<第5話あらすじ>
東都銀行の常務秘書・望月千代(木村)は、幼い兄妹が東京都知事・南勝子(萬田久子)の乗った車に泥だんごを投げつけながら「僕たちの家を返せ!」と怒鳴っているところに出くわす。それを制止し、2人を家まで送っていくことにするが、着いたところは児童養護施設だった。千代が職員に話を聞くと、以前、勝子が老朽化した施設を“ハイクオリティな児童施設”に新設すると公約したものの、突然その計画を撤回。しかし土地はすでに都のものになっているため、子供たちはこの施設で暮らせなくなるという。しかも、どうやらこの決定には裏で財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)が絡んでいるようだ。

富裕層だけが得をして、子供たちが泣きを見る、そんな都知事のやり方に憤った千代が秘書軍団にこの話をすると、都知事秘書・風間三和(大島)は、「そんなのよくあることでしょ?」と一蹴。三和の追い打ちをかけるような余計なひと言にカッとした千代と険悪ムードに。さらに三和は、子供たちを助けたいというほかのメンバーとも対立してしまい……?

そんな中、ラーメン店「萬」に粟田口がやって来る。表情を一変させた店主の萬敬太郎(江口)に千代らの緊張感が高まる中、粟田口は自分の知り合いたちの悪事を暴き、世間から葬っているのが萬ではないかと疑いの目を向ける。一方、裕福な家庭に育ちながらも闇を抱えて生きてきた三和は、そんな自分を認めてくれた萬のために、粟田口と自分のボス・勝子をぶっ潰す決意を固める。秘書軍団は手始めに勝子の弱点を探し始めるのだが……。

また、本作の“W主題歌”を担当するシンガーソングライターのmiletが、ストリートミュージシャン役でゲスト出演。いつになく落ち込んでいる三和が、その美しい歌声にふと耳を傾ける……というシーンで、初めての演技、そして初めての路上ライブに挑む。生演奏から自然な流れで主題歌の「The Hardest」に乗り替わり、次のシーンへと繋がっていくという斬新な演出にも注目したい。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル