top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

亡き兄の肖像画を見た弟犬の反応に甘い涙

カラパイア

亡き兄の肖像画を見た弟犬の反応が涙を誘う
亡き兄の肖像画を見た弟犬の反応が涙を誘う image by:Tina Muir

 イギリス、ブリストルで仲良く暮らしていた兄弟犬のスミフとフランク。だが先月兄のスミフが虹の橋のたもとに旅立っていった。

 飼い主のリビー・デイビーはスミフの肖像画を描き、リビングに飾ることに。スミフの絵は、彼がここにいて、楽しかった日々の記憶を呼び覚ましてくれる。

 その絵は弟のフランクにとっても意味のあるものとなったようだ。肖像画を発見したフランクは、心温まるこんな反応を示したのだ。

 
 兄、スミフの肖像画を発見したフランクは尻尾をふりながら、じっとその絵を眺めた。それが兄の姿であることを理解したようだ。

no title

 フランクはすこしでも絵のそばに行こうとソファを駆け上った。二足立ちになり絵に吸い寄せられるように鼻を近づける。

 興奮しながらずっと尻尾はふりっぱなしのフランクは「そこにいたの!こっちにおいでよ」と語りかけているかのようだ。
 
2

 スミフは一足先に虹の橋のたもとに旅立っていったが、絵を通してフランクや家族たちをずっと見守ってくれている。

 誰かが生きた記録というのは、他の誰かの記憶の中にのみ存在する。フランクの絵はずっとリビングの壁で、共に暮らした幸せな日々を思い出させてくれるだろう。記憶の中でいつまでもフランクは生き続けるのだ。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル