top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

林遣都演じる真人の過去に視聴者衝撃「ヘトヘトになるほど気持ちを揺さぶられる」の声『姉ちゃんの恋人』第4話

テレビドガッチ


有村架純が主演を務める連続ドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第4話が、11月17日に放送。インターネット上では、林遣都演じる吉岡真人の衝撃の過去が明らかになり、インターネット上では「ヘトヘトになるほど気持ちを揺さぶられるドラマ」などの声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

同作は、有村が主演を務めた『連続テレビ小説 ひよっこ』の脚本を担当した岡田惠和が手掛けるオリジナルドラマ。ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う主人公と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディ。有村が主人公の“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子を演じ、桃子の恋の相手・真人を林が演じる。

桃子が家計簿をつける中、今月は和輝(高橋海人・King & Prince)がアルバイトをしてくれていることもあって多くの積み立てができた。優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)も全員で大喜び。そんな中、3人に「好きな人がいます」と真人のことを明かした桃子。「職場恋愛しないって言っていたじゃん」という彼らだが「確かにそう言っていたけど、好きになってしまいました」と告白。本当に大丈夫なのか心配する面々。特に朝輝が「大丈夫なの? 姉ちゃん泣かせたりしない?」と涙を流し、家族全員がもらい泣きした。

先日に引き続き、またも和輝は駅前で落ち込んでいるみゆき(奈緒)をカフェに誘う。和輝がまだ中学1年生で精神的に落ち込んでいた時、みゆきがコンビニに連れて行ってくれたことがあった。みゆきのおごりで、お腹いっぱいおでんを食べることになったと振り返りつつ「がんも食べて、熱くなって、こんなになっている(悶えている)みゆきさん見て素敵だなって思ったんだ」と恋をした瞬間を明かした。「今度は俺がみゆきさんが助ける番。さっき駅でみゆきさん見て抱きしめたくなった。“好きだ”って思った。みゆきさん。俺の顔どう思う?」と質問。

みゆきが「世界中が好きだと思うけど」と返すと「付き合おうよ」と和輝。みゆきは顔を歪ませながら「ありがたい話なんだけど……」「バチが当たるっていうか、独り占めしちゃいけないっていうか」とドギマギ。「恋人を前提とした仲良しから始めよう」とはじける笑顔で語る彼に、みゆきは思わず「なんだその顔~! 神様どうかお許しを!」と言いつつ受け入れた。

ネット上では、奈緒の悶絶シーンに多くの反応があり「『世界中が好きだと思うけど』同意しかない」「告白キュンキュンした! 奈緒ちゃんも可愛い」「みゆきと全力握手して可能であればハグしてお礼を言いたい」といった声が。

一方で、真人の過去も明らかに。当時、会社勤めをしていた真人は恋人と腕を組みながら歩いていた。男性2人組とすれ違った際、肩がぶつかり真人は軽く会釈。しかし戻ってきた男性からみぞおちを殴られた真人はその場でうずくまってしまう。すると恋人が男性たちに連れ去られる。痛みに耐えながら真人は恋人と男性たちを追いかけると、そこではおぞましい光景が。真人は意を決して角材を手にすると……。

この真人の過去のシーンには、「林遣都さんの演技が胸に突き刺さりしんどい」「軽いホームドラマとは言えない、ヘトヘトになるほど気持ちを揺さぶられるドラマなので、せめて週末にやってもらえませんかね?」「ドラマってわかってるんだけど、真人くんにはほんと幸せになってほしい!」「林遣都くん、スーツ姿の破壊力が凄い」などの反響が寄せられた。

次回第5話は11月24日に放送。真人に告白した桃子。しかし、彼の反応は微妙なものだった。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル