top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

土屋太鳳、山﨑賢人とのW主演作『今際の国のアリス』 ダブルアートビジュアル&第2弾予告映像解禁!

Pop'n'Roll

山﨑賢人と土屋太鳳W主演、佐藤信介監督によるNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』(2020年12月10日(木)全世界同時配信予定)が、ダブルアートビジュアルと第2弾予告映像を解禁した。

ダブルアートは、異様な雰囲気を感じる無人と化した東京をバックに、過酷な世界で生き抜くアリス(山﨑)とウサギ(土屋)のシリアスな表情が印象的なものに。

また第2弾予告映像は、突如世界が一変し、無人と化した東京の光景からスタート。アリス、チョータ(森永悠希)、カルベ(町田啓太)の3人は、理由もわからぬまま、生きるか死ぬかの究極の”げぇむ”がくり広げられる不気味な世界に放り込まれる。

この世界で生き延びるための条件……それは”げぇむ”をクリアすること。その”げぇむ”はスマホに表示されたトランプのマークごとに4つのジャンルに分けられている。クラブはチーム戦、ダイヤは頭脳戦、スペードは体力戦、ハートは人の心を弄ぶ裏切りの心理戦。“げぇむ”をクリアし“ビザ”を取得すれば、トランプの数字の日数だけ命をつなぐことができるというルールのもと、アリスたちは命をかけて、“げぇむ”に参加することとなる。

そんな中、3人はたった1人で“げぇむ”に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。アリスは自分1人が生き残るだけではなく、他者と協力し、“げぇむ”をクリアするために立ち向かうことを決意する。

そして、アリスたちはこの世界の謎を解く鍵となるかもしれない場所、“ビーチ”の存在を知る。その”ビーチ”にたどり着いた彼らが目にしたのは、若者たちが享楽的にはしゃぐ、これまでとはまったく異なる光景だった。

唖然とする2人の前に、ボーシヤと名乗る男が現れる。そして、アリスたちに“すべてのトランプを集められれば帰れる”と告げる。アリスたちは疑いを持ちながらも”ビーチ”のメンバーたちと行動をともにする。しかし、トランプを集めるという目的のために一体となって行動するこの“ビーチ”の裏には、さまざまな思惑が渦巻いていた。

Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』
原作:麻生羽呂『今際の国のアリス』(小学館『少年サンデーコミックス』刊)
監督:佐藤信介

■出演
山﨑賢人 土屋太鳳
村上虹郎 森永悠希 町田啓太 三吉彩花 桜田通 朝比奈彩 栁俊太郎 渡辺佑太朗
水崎綾女 吉田美月喜 阿部力 金子ノブアキ 青柳翔 仲里依紗
脚本:渡部辰城、倉光泰子、佐藤信介
音楽:やまだ豊
撮影監督:河津太郎
美術監督:斎藤岩男
アクション監督:下村勇二
VFXスーパーバイザー:神谷誠、土井淳
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆
プロデューサー:森井輝
企画・制作:(株)ROBOT

配信:2020年12月10日(木)、Netflixにて全世界独占配信

■ストーリー
優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず鬱々とした日々を送るアリス。唯一の心のよりどころである親友のチョータとカルベと渋谷にくり出すと突然、街は無人と化す。不安を感じつつつも、誰もいない解放感にはしゃぐ3人。しかしそこは、さまざまな“げぇむ”をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”だった……。持ち前の観察力と判断力を発揮していくアリスは、仲間を作らずたった1人で““げぇむ””に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。命を懸けるというかつてない体験を通し彼らは、“生きること”に正面から向き合うこととなる。

広告の後にも続きます

関連リンク

Netflix作品ページ

© 麻生羽呂・小学館/ROBOT

TOPICS

ジャンル