top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

人工肉最前線。人間の細胞を培養して作る人肉ステーキが開発される(米研究)

カラパイア

人間の細胞を培養した人工肉
人間の細胞を培養した人工肉 image by:Beazley Designs of the Year exhibition

 人間の体の15~20%はタンパク質で構成されている。ところが今、世界に「タンパク質危機」が迫っており、世界的な人口の増加などの理由から、2025~30年には、現在の畜産業や漁業では社会のタンパク質需要を満たせなくなると懸念されている。

 その為、従来の食肉に代わる代替肉の開発が急ピッチで進められている。植物由来のベジミートや、動物や魚の細胞を培養した培養肉などだ。

 そしてこの度新たに開発されたのが、人間の細胞と血液を培養して作る人工肉だ。これなら人間が食べる肉を人間の細胞で培養できる為、食肉生産を人間だけで完結することができるのだ。なにやら共食いめいた気配がしなくもないが技術的にはそうではないという。



ヒト細胞と血液から作られた培養人肉ステーキ


 現在、英デザインミュージアムで開催されている「Beazley Designs of the Year」では、米国の科学者とデザイナーグループが人体の細胞から培養した人肉ステーキが展示されている。

 その「Ouroboros Steak(ウロボロス・ステーキ)」は、自分のほっぺの内側から採取した細胞に、やはり人間の血液から採取された血清を与えて培養する。

 ウロボロスとは、自分の尻尾を噛んで環になったヘビや竜の姿をシンボル化したもの。ウロボロス・ステーキはそのイメージ通り、自分自身の血液と細胞だけで食肉生産を完結することができる、環境にやさしく持続可能な培養肉となっている。

1_e5
image by:Beazley Designs of the Year

既存の培養肉の問題点


 現在研究が進められている培養肉は、普通に育てられる食肉に比べれば持続可能なものかもしれないが、培養するために「ウシ胎児血清(FBS)」でタンパク質を補給してやらねばならない。

 リッターあたり4万~9万円程度で取引されているウシ胎児血清は、妊娠した雌牛を屠殺した後に摘出される胎児の血液から抽出される。

 したがって培養肉は、結局のところ普通の食肉と同じよう環境に負荷をかけて家畜を育てねばならないし、それによって動物の生命を奪わなくて済むわけでもない。

 「ウシ胎児血清は、たくさんのお金と動物の生命を犠牲にしています」とウロボロス・ステーキの開発者の1人、アンドリュー・ペリング氏はコメントする。

 その問題点を解決したと主張する研究所はいくつかあるらしいが、第三者によって査読される学術的研究でそうした主張が確認されたことはないのだという。

2_e3
image by:Beazley Designs of the Year

DIYキットで自分の細胞を採取して培養


 展示中のウロボロス・ステーキは、樹脂で保存された状態でお皿に盛り付けられ、ステーキというよりは前菜といった趣だ。

5_e0
image by:Beazley Designs of the Year

 この人工肉はDIYキットを使うことで自分の細胞から培養することができるという。

 綿棒を使って、口の中のちょうど頬の裏側のあたりから細胞を採取し、キノコの菌糸体から予め育てられた骨組みに置く。

 そこに人間の血清を注ぎながら温かい環境で培養すると、3ヶ月もすれば立派なウロボロス・ステーキに成長する。

 ちなみに展示されている試作品は、生物資源バンクATCCが研究開発の用途で販売しているヒト細胞と、廃棄予定の期限切れ輸血用血液から採取した血清で培養された。なので、一般的な培養肉とは違って、安価だし、動物が殺されることもない。

 「期限切れの血液は医療用廃棄物で、ウシ胎児血清よりも安価かつ持続可能です。文化的には受け入れられにくいでしょうね。自分自身を食べるなんてカニバリズムとみなされるからです。厳密には違うんですけど」と、開発チームのグレース・ナイト氏は語る。

4_e0
image by:Beazley Designs of the Year

肉食を維持するために何を犠牲にできるか?


 オルカン・テルハン氏によれば、それは色々な意味で皮肉が込められているという。

人体のタンパク質需要を満たす現実的な解決策として、”人肉食”を推奨しているわけではありません。どちらかというと問題の提起です。肉食を維持するために私たちは何を犠牲にできるのか? とね。

将来的に、動物の肉を食べられる人たちは誰で、自分の肉を培養するしか選択肢がない人たちは誰になるでしょうか

 現在、動物の肉を食べることに対する環境面や倫理面における関心が高まっている。現時点で流通が許可された培養肉は世界的に見てもまだないが、その市場は2025年には522億円にまで拡大すると予測されているそうだ。

References:Ouroboros Steak grow-your-own human meat “technically” not cannibalism/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル