top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

本田翼がまさかの「降格」、あの元「三冠王」も…芸能界「戦力外通告」の非情現場とは!

アサ芸プラス

 プロ野球界では、今オフもすでに100名を超える「戦力外通告」の選手が発表されている。季節が来れば、入れ替わりの激しい芸能界でも同じことが行われるものだ。

 チームメイトへの“口撃”が災いし、「トレード要員」に成り下がりそうな女優が─。民放局関係者が言う。

「17年に放送された『チェイス』(Amazon Prime Video)の収録中、本田翼が共演者の俳優について『あの人、NG何回出すの?』と楽屋で毒づいていました。その時、楽屋は簡単な仕切りで区切られてはいたんですけど、強烈なダメ出しをされた当事者が仕切りの向こう側にいた。そりゃ、まる聞こえですよ。現場の雰囲気は悪くなったといいます。こちらとしても、敬遠したい女優になりました」

 結果、本田は華やかな活躍の舞台をフイにしかねない流れに。だが、意外な救いの神が現れている様子である。

「本田は演技力に難があり、テレビや映画で女優としては伸びしろが疑問視されていますが、YouTube界ではバリバリ働けます。18年9月にスタートしたYouTubeチャンネル『ほんだのばいく』は現在チャンネル登録者数217万人を突破。これは芸能人YouTuberの中でも上位を争う登録者数です」(芸能プロ関係者)

 現時点、14本しか動画を上げていないにもかかわらず、そこまでの数字を叩き出しているのだ。「独立リーグ」に降格しても、十分に稼いでいけそうである。

 かつて97年にスタートした連続ドラマ「踊る大捜査線」(フジテレビ系)シリーズのSPドラマが3作連続で20%の大台を超えた。往時の「三冠王」も寄る年波には逆らえないか─。織田裕二の「プレー」の衰えに関して、コラムニストの峯田淳氏が解説する。

「織田は同シリーズ以降、『成績不振』です。過去には、93年公開『卒業旅行ニホンから来ました』(東宝)で、当時の監督と脚本の方向性の違いなどからモメて撮影が円滑に進まなかったこともあった。昔からプライドが高く、熱くなりすぎる結果ですが、だから困った時に助けようという仲間が現れないのでしょう」

 スタンドプレーが見過ごされるのも、結果が伴っている時だけだろう。

 11月17日発売のアサヒ芸能11月26日号では、芸能界に吹き荒れる「戦力外通告」の現場をレポートしている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル