top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

カラパイア

アルコールを体内から急速に抜く呼吸装置
アルコールを体内から急速に抜く呼吸装置 image by:University Health Network

 お酒は適量ならば美味しく楽しいものだが、過度に酔っ払ってしまうと問題行動を起こしたり、深刻な場合は急性アルコール中毒になってしまうこともある。

 そんなとき、この呼吸装置を使えば、急速にアルコールを体から排除することができるそうだ。完全に酔っ払ってしまっても、通常の3倍の速さで素面に戻れるという。

肺の力でアルコール排出をブースト


 人体の中でアルコールの除去を担う主な器官は肝臓だ。そしてその力は、血中のアルコール濃度に関わりなく、ほぼ一定だ。それは素晴らしいことだが、もどかしいこともあり、おかげで飲み過ぎて二日酔いに苦しむことになる。

 カナダ、トロント大学のジョセフ・フィッシャー博士らは、アルコール排除機能をブーストするために肺の力を借りられるのではないかと考えた。

 お酒を飲めば息が酒臭くなるだろう。それはそこにエタノールなどの揮発性化合物が含まれているからだ。つまり呼吸によってもアルコールが排出されるということだ。

 そこで、普段より深く早い深呼吸を繰り返すハイパーベンチレーション呼吸法を用いれば、アルコールを体外に排出する速度を加速できるかもしれないことを思いついたのだ。


過呼吸の副作用を防ぐ呼吸装置の開発


 だがハイパーベンチレーション呼吸法を行うと、頭がクラクラし、息苦しさを感じたり、下手をすると失神することもある(危険なので真似をしないこと)。

 それは過剰に呼吸を行うことで、必要以上に二酸化炭素が吐き出されてしまい、血液中に含まれる酸素と二酸化炭素のバランスが崩れてしまい、脳に必要な酸素濃度が低下し、酸欠を引き起こすためだ。

 そこで考案されたのが、過呼吸を防ぎつつハイパーベンチレーションを行える「ClearMate(クリアメイト)」という装置だ。

 クリアメイトのマスクから適量の二酸化炭素と酸素が吹き流れてくるので、これを吸っていれば危険な副作用がないままハイパーベンチレーション呼吸を行うことができる。

1_e3
image by:University Health Network

アルコール排出速度が3倍にアップ


Scientific Reports』(11月12日付)に掲載された予備試験では、5人にこれを使ってもらいその効果が検証された。

 水で薄めたウォッカを飲み血中アルコール濃度を0.1%に高めた参加者に、最大3時間クリアメイトを装着したままハイパーベンチレーション呼吸を行ってもらったところ、何もしないときに比べてアルコール排出速度が3倍高まったそうだ。

 最新の装置だがいわばローテクで、どこでも作成できる点もミソだ。高度な電子機器もコンピューターもフィルターも必要ない。「もっと前からなかったのが不思議なくらいです」とフィッシャー博士は説明する。


急性アルコール中毒の治療にも使えるか?


 クリアメイトはもともと一酸化炭素中毒の治療用に考案されたもので、米食品医薬品局によって2019年にその用途での市販がすでに承認されているとのこと。

 ただしこれを急性アルコール中毒の治療に使えるかどうかは分からない。というのも、意識が朦朧とした患者が3時間も装置を装着したままハイパーベンチレーション呼吸を行えるとは思えないからだ。

 そうした場合は気管に挿管することが考えられるという。このやり方なら、40分でアルコール濃度を安全なレベルまで下げられる可能性があるそうだ。

References:Canadian discovery: a potential game-changer to reverse alcohol intoxication/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ジャンル