top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ペットのオウム、火災報知機よりも早く火事に気が付き飼い主を救う(オーストラリア)

カラパイア

ペットのオウムが火事から飼い主を救う
ペットのオウムが火事から飼い主を救う DennisBuntrock/pixabay

 今月初め、オーストラリアのクイーンズランド州で住宅火災が発生した。家は大きな炎に包まれたが、住人は奇跡的に無傷だった。

 住人の命を救ったのはペットのオウムで、火災報知機が鳴り出す前から飼い主の名を呼び続けて目覚めさせ、いち早く飼い主を避難させたという。『abc.net.au』などが伝えている。

Parrot saves owner from house fire by mimicking sound of alarm

民家で火災発生


 11月4日になったばかりの深夜、オーストラリアのクリーンズランド州ブリスベンのカンガルー・ポイントにある1軒の民家で火災が発生した。

 消防隊が現場に駆け付けた午前2時頃には、家は大きな炎に包まれていたという。

 しかし、奇跡的にもその家の持ち主であるアントン・グウェンさんは無事に避難していた。アントンさんを救ったのは、彼が飼っているペットのオウム、エリックだった。

 

火災に気付いたエリック、アントンさんの名を何度も呼び目覚めさせる


 火災が発生した時、一人暮らしのアントンさんは自宅寝室にて就寝中だったが、エリックは火災報知器が鳴る前に異常事態に気付き、「アントン!アントン!」と何度も飼い主の名を呼び続け、アントンさんを目覚めさせた。

 アントンさんは、後の取材でこのように話している。

1_e5
image credit: youtube

バン!という大きな音が聞こえたように思ったら、オウムのエリックが騒ぎ出して、私は目を覚ましたんです。

少し煙のにおいがしたので、すぐにエリックを掴んで部屋から出ました。家の裏を見ると、炎が見えたので、バッグを1つ抱えてすぐに階段を降り、外に避難しました。

 アントンさんがいち早く避難でき無傷で済んだのは、なんといってもエリックのおかげだろう。

2_e3
image credit: youtube

 鎮火には約1時間を要したが、幸いにも隣家に燃え移ることがなかったそうだ。

「家が燃えてショックですが、自分とエリックの命が助かったことが何よりです」と話すアントンさん。

 なお、出火原因については現在も調査中ということだ。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル