top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

人気ユーチューバー、殺害予告を報告 「僕はもう逝ってしまったと思って」SNS更新頻度の注視を呼び掛け

リアルライブ

 ユーチューバーの「鈴木ゆゆうた」が15日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、殺害予告を受けていたことを明かして、驚きの声が挙がっている。

 これまでにも、授業中に脱糞してしまった男子生徒について歌った曲「一般男性脱糞シリーズ」を歌ったことで、ネット集団である「恒心教」から嫌がらせを受けたり、何者かからメールで殺害予告を受ける被害に遭っているゆゆうただが、ゆゆうたは「何者かに命を狙われています。」というタイトルで投稿された動画の中で、再び殺害予告を受けたことを報告。

 ​>>各大学に爆破予告を送りつける「恒心教」とは 匿名掲示板が生んだ“ネットリンチ”が今も蒸し返されている?<<​​​

 ゆゆうたによると、警察署に「本日の午後18時に、鈴木悠太(本名)を殺してやる」という「殺害予告のFAXが警察署に」届いたそうで、警察から「鈴木さん大丈夫ですか」と電話が来たという。ゆゆうたは取りあえず、「(家の)鍵を閉めて」やれることは全てやった上で、殺害予告の時間まで「ピアノを弾いて気を紛らわせようかな」と話し、実際にピアノを弾き始めた。

 ピアノを弾いている途中で18時になったが、特に何も起こる様子はなく、「僕の身は無事ですね」と報告しつつも、「これで全てが終わったわけではない」とまだまだ不安であることを明かしたゆゆうた。そういった不安からか、ゆゆうたは「僕が生きている証としてTwitterやYouTubeで随時更新は続けていきます」とファンに対して伝えつつ、「3日間、何も更新などがない場合は僕はもう逝ってしまったと思って頂ければいいんじゃないかな」と話し、まだまだ予断を許さない状況であることを説明していた。

 このゆゆうたからの報告を受け、ネット上では「怖かっただろうなぁ。過激な人最近多いから、ほんとに気をつけて欲しい」「どんだけ精神的に辛いか」「まじで気をつけて!」と心配の声のほか、「本当にやっていいこと悪いことの区別できんやつ多いな」「本人がどれほど辛い思いをして動画を上げてるのか考えられないの?遊び半分で殺が○予告なんてするな!」など、犯人に対する怒りの声も挙がっていた。

 本人のみならず、ファンもゆゆうたの安全を心配し落ち着かないことだろう。

記事内の引用について
鈴木ゆゆうたのYouTubeチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCNMG8dXjgqxS94dHljP9duQ

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル