top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

プロバスケ選手、“渋滞による練習遅刻”でチーム契約解除? チームは「事実と異なる」と発表、意見食い違う

リアルライブ

 プロバスケットボールBリーグ3部のさいたまブロンコスに所属していた山口力也選手が、突然選手契約解除されたことを明かし、物議を醸している。

 問題となっているのは、13日にさいたまブロンコスが発表した山口力也選手との選手契約解除の発表。公式サイト上には「双方合意のうえ」と記されており、山口選手はこの発表について、自身のツイッター上で「今まで応援してくださり開幕を楽しみにしてくれた家族、仲間、先輩、後輩、スポンサーになってくださった方々、去年一緒にプレーして一緒に頑張ってきたチームメイト達に凄く申し訳ありせん」と謝罪した。

 ​>>矢口真里の元夫、中村昌也 現在はバスケ関連の仕事で重宝されている?<<​​​

 公式サイト上には契約解除の理由が記載されていなかったことから、ファンらの間で困惑が集まることに。一部では「事件を起こしたのでは」といった噂も飛び交うことになったが、これを受け山口選手は14日にツイッターを通じて、「そのような問題は一切起こしていませんので安心してください」と否定。理由について改めて、「練習に遅刻したということです」と明かした。

 山口選手によると、遅刻の原因となったのは圏央道の事故渋滞で、事前に連絡を入れていたとのこと。しかし、マネージャーからその日に4日間の自宅待機と反省文提出を求められ、応じたこと明かした。その後、自宅待機明けに印鑑を持って事務所に来るよう指示があり、向かったところ、マネージャーから唐突に契約解除の合意書に署名押印を求められたといい、一度は拒んだものの、取り付く島がなく、結局署名押印したとのことだった。

 その後、山口選手はファンからの質問に答える形で、遅刻については「7月から……2回目になります」と告白。普段の素行については「指摘された事はありませんし規律違反と判断される行動を取った覚えもなく、模範的行動を取っていたとは言いませんが至って平均的なレベルでの行動であったと断言できます」とした。

 一方、さいたまブロンコスは告発を受け、15日にツイッターで「事実と異なる」とする文書を発表。契約解除については、遅刻が直接的な原因ではないとし、「契約やチームの規律に違反する行為があり、それが看過できないものだった」「契約違反に加えて、当社経営陣とも直接話し合いの場を設けて真摯に伝えてきました。その結果、残念ながら契約解除という選択を決断」したとした。

 この食い違いに、バスケットボールファンからは、「本人が納得してたらツイートしないはず」「Bリーグ全体のためにも真相を明らかにすべき」「選手が公表してる以上、クラブもすべての事実を話すべき」といった声が聞かれている。果たして、この食い違いは解決するのだろうか――。

記事内の引用について
さいたまブロンコス公式サイトより https://broncos20.jp/
さいたまブロンコス公式ツイッターより https://twitter.com/saitamabroncos
山口力也公式ツイッターより https://twitter.com/ricky22596

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル