top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

国民的〈CMシンデレラ〉を総直撃<遠野舞子>「浅田飴」

アサ芸プラス

 抜群のプロポーションを誇った遠野舞子(47)は、90年代グラドルブームの先鋒となった。鮮烈な魅力は、CMの大きな仕事を射止めることとなる。

──92年に歌手デビューして、その翌年にはグラドルの最高峰だった「フジテレビビジュアルクイーン」にも選ばれていますね。

遠野 内田有紀ちゃんも一緒でした。選ばれると中米にビデオの撮影に行くんですけど、帰国したら有紀ちゃんは大手事務所に移籍していて。ザ・芸能界という感じがしました(笑)。

──太平洋上の略奪事件ですね。そしてCMデビューも早く、92年には任天堂の「ゲームボーイ」があり、93年には「浅田飴」にも抜擢されています。

遠野 当時の浅田飴の社長さんにご指名されたんですよ。私が新聞記事になっているのを見て「この子がいい」と。

広告の後にも続きます

──創業から長い歴史を持つ会社のトップに選ばれていたとは!

遠野 当時、まだ30代でしたから若い社長だったんです。私には4年契約と言ってくれました。

──破格の扱いですね。

遠野 ただ、その分、社長はいつも私の現場についてきました(笑)。海外にロケへ行く時の飛行機は必ずファーストクラスなんですが、隣の席にはいつも社長がしっかりと座って。そのうち、広告代理店の方が気を遣って間に入るようになりましたが。

──よっぽど熱心だったのでしょうか。

遠野 でも、出してもらえてうれしかったですよ。ある日、山手線のホームに立っていたら、向こうに私の大きな看板が見えたんです。つくづく、すごいCMができたんだなと思いました。

──芸能人の醍醐味を感じる瞬間ですね。4年の契約期間に、印象に残る撮影はありますか。

遠野 どの商品かは忘れましたが、ソファーに何度も座ったり立ったりする撮影があったんです。そしたら私、なんとギックリ腰になってしまって。

──まだ20歳前後の若さなのに。

遠野 なんとか撮影はやり終えたのですが、帰りは2人のスタッフに両側から抱きかかえられて家に帰って。母親に「酔っ払いを連れて帰ってきたのかと思った」とずっと言われています。あまりにそのことを言い続けるので、私の10歳の息子まで「ママが酔っ払って帰ってきた」と言うんですよ。

──まだ生まれてもいないのに。しかも誤解なのに。

遠野 あと、浅田飴さんの商品をいっぱいもらえたのも助かりました。ノドに塗るスプレーもあったんですが、歌手のお仕事の時に便利でした。

──さて、子育てと並行して昨年は、19年ぶりのイメージDVDも発売。

遠野 いや、もう神に誓ってやりません(笑)。宮崎美子さんが61歳でビキニになられたことは本当にすごいことだと思います。

──まったく衰えていないという点では、十分に甲乙つけがたしです。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル