top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

森七菜、道枝駿佑との手つなぎシーンを披露!映画『461個のおべんとう』新場面写真公開

Pop'n'Roll

現在上映中の映画『461個のおべんとう』の新場面写真が公開された。

本作の主人公・一樹(井ノ原快彦)の息子・虹輝(道枝駿佑)は内気な性格で、1年遅れて入学した高校では年下の同級生たちに馴染めなかったが、一樹が毎日作るお弁当を通じて、仁科ヒロミ(森七菜)と田辺章雄(若林時英)と仲良くなっていく。

撮影以外でも、道枝と森、若林は劇中のように交流を深めていたようで、支度場所がカラオケ店だった際、3人で待ち時間にカラオケをしていたことを明かしている。

最初は、森と若林がカラオケしているのを、部屋の前で見ていた道枝。それに気づいた井ノ原が道枝に“入っちゃいなよ”と促したそうだ。そんな父親のような井ノ原の後押しもあり、歌って盛り上げる章雄、手拍子をして楽しむヒロミ、2人を笑顔で見ている虹輝という、まさに劇中の学生3人組のような、仲睦まじいカラオケタイムとなった。

この時間で関係性がより深まった3人は、方向性の決まったセリフ以外はすべてアドリブというお弁当を一緒に食べるシーンの撮影で、毎回違うセリフ群を披露し、監督が編集に困るぐらいの自由なトークを展開。この3人の自然体な演技により、青春を謳歌している明るく生き生きしたシーンが次々と生まれた。

今回、解禁となった場面写真は、虹輝が久々に父・一樹のバンド「Ten 4 The Suns」のライブを、ヒロミと一緒に観に来たシーンとなっている。森も舞台挨拶で明かしていたが、映画のためだけに作られたバンドと思えないほど、井ノ原とKREVA、やついいちろうのチームワークの良さを感じる圧巻のライブパフォーマンスとなった。

そんな高揚感のあるライブ中、バンドメンバーの古市栄太(KREVA)のラップに乗せられ、虹輝がヒロミの手をゆっくり握る。このシーンには、かなり奥手と自分で言っていた道枝の、森の手の握り方を現場スタッフが“慣れてるね”といじり、道枝が“慣れてないわ!”と関西弁で突っ込むという裏話があったとのこと。

映画『461個のおべんとう』

上映中

原作:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
監督:兼重淳(『キセキ -あの日のソビト-』)
脚本:清水匡 兼重淳 
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
配給:東映

ストーリー
長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。 父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていただけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは“高校へ行きたい”だった。そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。“学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの? お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当”“父さんのお弁当がいい”。この瞬間“3年間、毎日お弁当を作る!”“3年間、休まず学校へ行く”という“大切な約束”が生まれたのだった。慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も…、一樹の怒涛のお弁当作りが始まる――。

関連リンク

公式サイト

広告の後にも続きます

公式Twitter

© 2020「461個のおべんとう」製作委員会

TOPICS

ジャンル