top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

吉高由里子“楓”、ディーン“勇磨”に接近…伯朗とのタッグに亀裂!?『危険なビーナス』第6話

テレビドガッチ


妻夫木聡が主演を務める日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第6話が、11月15日に放送される。

原作は、多くのベストセラーを生み出している東野圭吾の同名小説。とある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる謎に挑む壮大なミステリー。妻夫木演じるの主人公の手島伯朗は、正義感が強くウソのつけない独身獣医で、ある日突然「弟の妻」と名乗る謎の美女が現れ、弟が失踪したと聞かされる。困っている女性を放っておけない伯朗は、その美女と共に失踪した弟の行方を追うことに。そして、30億もの遺産が絡んだある名家の争いに巻き込まれていく。

吉高由里子が伯朗の前に突然現れる謎の美女・矢神楓を演じるほか、ディーン・フジオカが名家「矢神家」の養子で若手実業家の矢神勇磨、染谷将太が伯朗の弟で楓の夫・矢神明人、中村アンが伯朗が副院長を務める池田動物病院の看護師・蔭山元美を演じる。

前回の第5話では、矢神家前当主・康之介(栗田芳宏)の娘・祥子(安蘭けい)が、義兄弟で現当主の康治(栗原英雄)を殺そうと画策するが、当主代理の波恵(戸田恵子)のある計らいで、伯朗と楓は殺害計画を阻止することができた。インターネット上ではこの波恵の行動には「伯朗さんが思ってるほど、敵じゃないよな」との声が寄せられた。しかし、番組の終盤には康之介の養子である勇磨と佐代(麻生祐未)がじつは親子だと明らかになった。

<第6話あらすじ>
伯朗(妻夫木)は、母・禎子(斉藤由貴)が矢神家の人間に殺されたと聞きショックを受ける。楓(吉高)からも、明人(染谷)が母の死の真相を暴こうとしていたことを聞き、兄である自分になぜ相談してくれなかったのかとやりきれない。

明人の失踪と禎子の死の真相には何か関係があるのか? と考察する伯朗と楓。気になるのは「30億の遺産よりももっと価値があるもの」という、康之介の次男・牧雄(池内万作)の言葉だ。しかし、その牧雄が「退院する」とメモを残し、病院からいなくなってしまう。

伯朗は矢神家で禎子の遺品を引き取り、そのまま兼岩家へ。叔母の順子(坂井真紀) と憲三(小日向文世)夫婦と共に遺品を見ながら、禎子が亡くなった16年前の話になる。順子がふと、遺品の中に実家のアルバムがないことに気づく。禎子が亡くなった後、そのアルバムは矢神家で処分されてしまったのだろうか? そして、今は更地となった小泉の実家の土地がどうなっているのか、確かめに行った方がいいと順子は伯朗に助言する。

一方、伯朗は楓のことが気になっていた。自分が矢神家に行くことを伝えても「今夜は予定があるから」と素っ気なく、メールや電話にも応答がない。その頃、楓は勇磨(ディーン・フジオカ)と2人で会っていて……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル