top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

大友花恋演じる女子マネージャーに視聴者大興奮「高校に居たらほぼ女神だな」『あのコの夢を見たんです。』第7話

テレビドガッチ


大友花恋が、11月13日に放送された南海キャンディーズ・山里亮太原作のドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系、毎週金曜24:12〜 ※一部地域を除く)の第7話にヒロインとして出演。明るくポジティブで真っ直ぐな女子高生役を熱演する姿に、インターネット上では「高校に居たらほぼ女神だな」と絶賛の声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

実在する人気女優・アイドル・モデルたちのイメージをもとに、恋愛からファンタジーまで縦横無尽に妄想ストーリーを繰り広げる、1話完結型のドラマ。主人公・山里亮太を、民放ドラマ初主演となる俳優・仲野太賀が演じる。今回大友が演じるのは、高校のサッカー部マネージャー。そのはじける眩しさパワーに、山里らクラスの卑屈男子がコロコロと翻弄されていく。

山迫(山里=仲野)を筆頭に、女子にモテず鬱屈した感情を溜め込むクラスの男子4人で結成された「闇4」は、ひとけのない物置をアジトとし、双眼鏡を片手に女子と仲良くする男子たちを観察、罵倒することを日課としていた。ある日、いつものように彼らがリア充観察にふけっていると、サッカー部マネージャーの大友が物置のドアを開けて飛び込んできた。

「たまには悪口じゃなくて、もっと明るくて楽しい話しなよ!」と、諭す大友。山迫らは精一杯強がりのセリフを吐くが、大友は闇4のメンバー一人ひとりの名前を呼んで明るく笑いかけ、4人は激しく身悶える。

「いとしのサッカー部の練習に行かないと。またね!」と軽やかに倉庫を出ていった大友に闇4のメンバーは動揺するが、山迫は「憎き大友を落とすため」と、サッカー部の大会敗退を狙ってさまざまな妨害工作を提案。一人ひとりが大友にされた“仕打ち”を振り返るが、なぜかどれも結局甘酸っぱい思い出になっており、またしてもメンバーは紛糾する。

落ち着きを取り戻した闇4は、あらためて作戦を実行。サッカー部のキャプテンに他校の女子を近寄らせ、振らせて罪悪感にさいなませる。相手の“弱点”を巧妙に突いた作戦に湧き上がる4人だったが、いっぽうで大友を双眼鏡で見つめ続ける山迫に、メンバーの枡居(本多力)が疑いの目を向ける。

闇4の作戦はどんどんエスカレート。「風上でドリアンを破裂させ、部員を異臭で染め上げる」「グラウンドに埴輪を出土させ、練習を中止に追い込む」「エロDVD持ち込みの濡れ衣を着せ、顧問に雷を落とさせる」など、持ち前の自尊心の低さと卑劣さをあますところなく発揮し、サッカー部員にダメージを与えていく。

闇4の“戦果”に胸を躍らせながら山迫が教室の前を通ると、中で大友がひとり、サッカー部員に贈る刺繍作りに取り組んでいた。「これ、どう思う?」と大友に聞かれ、どきまぎしながらもその出来を褒める山迫。それを聞いた大友は「こういうのはじめて作ったから」とはにかむ。

「なんでそこまで」と尋ねる山迫に、近頃サッカー部員が「調子悪くてさー」ともらしつつ、「少しでも元気になってほしいなって。マネージャーはグラウンドの上では戦えないから」と思いを明かす大友。気まずくなった山迫がその場を去ろうとすると、大友は山迫の手を取り、手作りの刺繍を手渡した。高鳴る胸のトキメキと、闇4メンバーへの“忠義”の間に揺れる山迫が取った行動は……。

明るくて活発、さらに性格まで良いという理想の女子マネージャーを演じた大友に、ネット上では「最高に笑顔が似合う!」「キラキラ輝いた笑顔にニヤニヤしまくりでした」「可愛すぎてしんどい」「花恋ちゃん、高校に居たらほぼ女神だな」と大絶賛の声が相次いだ。

次回11月20日放送の第8話では、ヒロインとして白石聖が出演。人生の刺激を求め、他人に嫉妬を燃やす山里へ“弟子入り”する会社員を演じる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル