top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

16世紀のフランスの廃城を購入した母娘。ホテルにするために改装作業中

カラパイア

no title

 海外では廃墟となった状態の城が売り出されることがある。改修作業は大変だが、やはりお城というものはロマンあふれるものだ。

 そんな中、16世紀のフランスのお城を購入したのは、オーストリアの建築家、エリザベス・ヘリングさんと娘のヴァレリーさんだ。打ち捨てられ、朽ち果てたままになっていた状態のお城を、アンティークな魅力たっぷりのホテルへと生まれ変わらせることに決めたようだ。

400年前の古城に魅せられた母娘


 「この城の歴史やこれまでの持ち主のことはなにも知らなかったけれど、ふたりとも、このフレシーヌ城とまわりの庭園にすっかり惚れ込んでしまったの」最近、政治学を学んだ大学を卒業したヴァレリーさんは、2017年に母親と一緒にこの物件に目をつけたときのことを語った。

 ふたりはすぐに、オーストリアでの生活を捨てて、廃屋になっていた400年前のこのフランスのお城をよみがえらせるという無謀にも思えるチャレンジを思いついた。

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


 「確かに無謀な挑戦だったわ。まるで、ダビデと巨人ゴリアテの戦いのように。提示価格は巨額だったし、やはりこの城に興味を示していたアメリカ人バイヤーの競合相手がいたし、地元には誰も知り合いはいなかった」半ば諦めてかけていたが、結果的に望み薄だったこの母娘が城を購入することができた。

 その陰には、パリ近郊の広大な狩猟地として知られているソローニュ出身の友人で後援者の助けがあった。

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


フランス人科学者が所有していたフレシーヌ城


 パリから南へ2時間、このフレシーヌ城はかつて、フランス革命の終わりに断頭台で処刑された有名なフランス人科学者アントワーヌ・ラヴォアジエが所有していた。

 ラヴォアジエは、「近代化学の父」として広く知られていて、やはり優れた化学者だった妻のマリー=アンヌとともに、この城で化学や栽培学の実験を行った。1794年に逮捕されるまで、ラヴォアジエはここで暮らしたが、その後、建物は没収された。

 城は26万平方メートルの広さの森林に囲まれ、敷地内には、礼拝堂やオレンジ栽培の温室、4台の馬の運搬車などもあった。ラヴォアジエは、この16世紀の城をフランス王のお抱え建築家に頼んで自分好みに改築させた。

10_e0
アントワーヌ・ラヴォアジエと、科学者だった妻のマリー=アンヌ・ピエレット・ポールズの肖像(ジャック=ルイ・ダヴィッド作)

 ラヴォアジエの次のテナントは、記録によるとフランスの英雄的軍人ジョゼフ・ロー。ナポレオン戦争時代の勇敢な活躍で、貴族になった。その後、またしても軍人であるLudovic Hurault de Vibraye伯爵がここを引き継ぎ、1929年に亡くなったとき、娘が地元の聖職者に城の権利を譲った。

 時代は1970年代に飛び、精神科のクリニックがここに入ったが、2013年に閉鎖した。その後は風雨にさらされるままになり、不法居住者が入れ替わり立ち替わり住みついた。6年間、廃屋状態で荒れ果てる一方だったが、2019年にやっとヘリング母娘が正式の持ち主になった。

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


 地元の建築業者や配管業者、経験のあるボランティアの助けをかりて、城のあらゆる復旧が進行中だ。

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


 地元のアンティークショップから手に入れた、年代ものと現代の家具をうまいことミックスさせて、自分なりの味つけを施したエリザベスは、城の30もある部屋の家具選びは、まさに終わりのない旅のようなものだと語った。

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


この投稿をInstagramで見る

広告の後にも続きます

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


 わずか数ヶ月で、創意工夫に富む母娘は、この城を当座のベッドと軽い朝食つきの簡易B&Bとしてオープンさせた。

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


 エアビーアンドビー(Airbnb、宿泊施設を貸し出す人向けのサイト)で一泊150米ドルから、城丸ごとだと一泊1000ドル。地元のシェフのユーリが依頼に応じて、城でディナーを作ってくれる。

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


ホテルとして営業が始まったが…


 エリザベスとヴァレリーは、16人のゲストをもてなし、ほかではできない体験の提供が始まった。顧客からの評判は上々で、「リッツ・ホテルというわけにはいかないけれど、間違いなく忘れられない体験になりました」ある利用者はレビューにこう書いている。親切なホストはとても細やかな心遣いをしてくれて、心から客の快適さを考えてくれるているという。

 給湯はまだ城にはない贅沢だが、適所にヒーターが設置してあり、ほどよい装飾の客室、リッチ感のある毛布、美味しい手作り朝食、チャーミングなホストが、まだまだ完成途上の城をうまいこと補ってくれている。

 ところが、そのタイミングでコロナ・パンデミックとなってしまった。 

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


 フランスは2度目のロックダウンに突入しており、必要不可欠な仕事や治療のための外出のみが認められている状態だ。

 これからというときに悲劇に見舞われ経営も苦しいことだろう。世界的パンデミックが終焉を迎えるその日まで、なんとか耐えて欲しい。

 ここは、設備が充実した豪華ホテルではないが、草が生い茂った庭で秘密の地下通路を発見したり、屋根裏部屋の壁の後ろに塗り込められた暖炉が見つかるような日々を過ごせる、それはわくわくするような場所なのだ。

この投稿をInstagramで見る

Chateau de Freschines(@chatelfreschines)がシェアした投稿


 フレシーヌ城ホテルのその他の写真はInstagramのアカウント「chatelfreschines」で見ることができる。 

written by konohazuku / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル