top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

有田哲平、“人間インストール”で孫悟空になり撃沈「とうとうこの番組一線超えたな」

テレビドガッチ


くりぃむしちゅー(上田晋也・有田哲平)の冠番組『にゅーくりぃむ』(テレビ朝日、毎週火曜25:56~※関東ローカル)が、11月10日に放送。有田にアイデンティティの田島直弥を「人間インストール」する企画で、ドラゴンボールの孫悟空キャラを有田が演じた。

さまざまな企画を通じ、まもなく結成30年を迎えるくりぃむしちゅーの新たな一面を引き出していくバラエティ。今回はキャラがないと言われる有田を、野沢雅子のモノマネをする田島が遠隔操作した。何も知らず、ニセ番組『芸の花道』で有田に悩み相談をするのは、アナウンサー志望の現役女子大生、西村香也子と岡田朋峰。進行はテレビ朝日アナウンサーの住田紗里が務めた。

スタジオに入った有田は「オッス! よろしくな」と挨拶。番組がスタートし、住田から番組概要を聞いた有田は、「オラ、アドベェスとかしたことねぇからなぁ」「なんか亀仙人のじっちゃんが好きそうな女だなぁ。ピチピチギャルじゃねぇか」と発言し、早くもスタジオは異様な雰囲気に。

今日がテレビ初出演という西村の悩みは、「芸能生活をしていく中で、方向性を自分で決めるのか、周りの印象を大事にするべきか教えてもらいたい」というもの。「ちょっと何喋ってるかわっかんねぇぞ。ナメック語喋ってるのか?」などボケつつも、「キャスターとして頑張りたい」という西村に対し、「だったらキャスターやればいいいじゃないか。他のこと言うヤツなんて関係ねぇ」と真っ当な返答をする一幕も。しかし、突如「オラと一緒にポーズやってくれ、かーめーはーめー波ーっ」や「カリン様か?」など漫画「ドラゴンボール」の設定が飛び出すため、2人は困惑気味に。それでも有田の「気を感じろっちゅうこと」「いろんなヤツの気を感じてやってきゃいいんだ!」というアドバイスを良い意味に解釈し悩みが解決した西村は、有田と一緒に両手を突き出すポーズをして「ハァーッッッッ」として見せた。

続く岡田の相談は、「多くの人に覚えてもらうためのキャッチフレーズとそれに合わせてできる一発芸を教えてもらいたい」というもの。田島が考案したキャッチフレーズは「怒りによって目覚めた伝説の戦士」で、「スーパーサイヤ人のことだよ」と説明。「私がスーパーサイヤ人ってことですか?」と聞き返した岡田に対し、住田が「岡田さんはちなみに俳優の岡田眞澄さんの娘さんなんですよ」と解説すると、「おっでれぇたぁー。牛魔王のおっちゃんじゃないか。とんでもねぇ戦闘力だろ」と返す。その後も「ドラゴンボール」のくだりが続くため、岡田から「今ちなみにお酒とか飲んでます?」と真面目に尋ねられてしまう。

有田が楽屋にはけてから、スタッフが有田の印象について尋ねると、西村は「気さく? もっと怖そうなイメージがありました」とまさかの好印象を抱いた模様。それを聞いた上田が「良かったじゃん」と有田に言うと、「良くないです。とうとうこの番組一線超えたなと思いました」と浮かない表情をして見せた。

次回、11月17日の放送はニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)が登場する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル