top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

森七菜&中村倫也らのすれ違いにネットは「なんとも切なくていい」不意打ちキスシーンも話題

テレビドガッチ


森七菜が主演を務め、中村倫也、仲野太賀、石橋静河らが出演するドラマ『この恋あたためますか』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第4話が、11月10日に放送。インターネット上では、登場人物のすれ違いに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ひょんなことからスイーツ開発を手掛けることになるコンビニ店員・井上樹木(森)と、自らの成功をたくらむコンビニチェーン「ココエブリィ」の社長・浅羽拓実(中村)が、「一番売れる」スイーツ開発を通じて、甘い恋に落ちていくオリジナル脚本のラブストーリー。

浅羽と北川里保(石橋)のハグを見てショックを隠せない樹木。手がけたシュークリームが、初日売り上げ最高記録を達成したことで浅羽から褒められるも、直視できない。

浅羽の指示で、里保をリーダーに据え、樹木、新谷誠(仲野)の3人で傷のあるりんごを使ったスイーツ作りに取りかかる。里保から浅羽との一件を聞いた誠は、よりを戻せばいいと勧めるが、里保は意地を張ってしまう。

どこかカラ元気の樹木を心配する誠。スイーツが有名な名店を予約してデートに誘おうとするが、反対に彼女がいると勘違いされてしまう。落ち込んだ誠は、浅羽に「気持ち伝えろ!」と暗に里保と行くよう予約の権利を明け渡す。しかし、浅羽が誘ったのは樹木だった。勉強を兼ねるのはもちろん「シュークリームがヒットしたお祝いだ」と語りかける。幸せなひと時を過ごす中、浅羽はものづくりをしている3人をうらやましがり「楽しいだろうな」とポツリ。しかし、樹木は自身が空回りしていることを吐露する。

肝心のスイーツづくりは迷走。樹木は「私、抜けます」と自信を喪失してしまう。誠は「樹木ちゃんの気持ちってその程度だったの? がっかりした」と訴えて言い合いになり、3人の心はバラバラになってしまう。やけになった誠は、浅羽と里保が付き合っていたこと、結婚の話まで出たことを樹木に告げる。涙を溜めた樹木は「そう思う」とその場を後にした。

里保のもとには「楽しくなさそうだな」と浅羽が現れる。現実的な自身に対して、才能に溢れ、自由な発想を生み出す樹木を羨ましがる里保。浅羽が慰めると、里保は「私もっと頑張る」と前を向いた。

一方、帰宅した樹木はかつてのバイト仲間でルームシェア中の李思涵(古川琴音)に、里保と浅羽の関係性を明かしつつ「社長と釣り合うわけないじゃん」「何を勘違いして舞い上がっていたんだろう」と落ち込む。「何も始まっていないうちから諦めるんだ?」と声をかけられるも「社長との関係が崩れるなら、今のままでいい」と号泣。記念にスクショした授賞式のネット記事も削除した。

翌日、吹っ切れた樹木は誠に「昨日はごめんなさい。まこっちゃんがそばにいてくれたからシュークリームができたし、ここまで頑張ってこられた」と謝罪。里保にも頭を下げ、改めて3人は前を向いて、新作を完成させた。

完成品を届けた出張の帰り道。誠は一瞬、樹木の手をつかみ、そして……。

ネット上では、樹木の号泣シーンや、登場人物のすれ違いの連続に「もうめっちゃくちゃに好きだったんだね」「みんなを応援したい情緒が知恵の輪みたいに絡まっています」「このすれ違いがなんとも切なくていい」の声が。また、ラストシーンで誠の大胆な行動に「一番まこっちゃんに感情移入してる」「普段超紳士で優しいのにかます時かます男大好物です!」「頑張ったなあああ(親目線)」といったコメントがあった。

次回第5話は11月17日に放送。里保が浅羽との復縁を臨んでいると知った樹木は、複雑な気持ちになってしまう。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル