top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

田中圭“義経”の殺害を企てる山田裕貴“朝日”のサイコタイムに「闇めっちゃ感じる」の声『先生を消す方程式。』

テレビドガッチ


田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第2話が11月7日に放送。インターネット上では、山田裕貴の演技について反応する声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

東大進学率も高く、都内の進学校・帝千学園の3年D組は成績優秀者が集まるクラス。しかし、担任になった教師はみな退職に追い込まれていた。この闇深きクラスに田中演じる新たな担任・義澤経男(通称:義経)がやって来る。

生徒の藤原刀矢(高橋文哉)と副担任の頼田朝日(山田)は、“義経を消す方程式”を立てようと計画。長井弓(久保田紗友)、大木薙(森田想)、そして義経にしてやられた剣力(高橋侃)らは、行き過ぎた彼らの言動に怯えながらも従うことに。

そんな中、薙の父親が不正を働き、会社から追放されることに。同級生にマッチングアプリで“パパ活”をさせている薙は、友だちをやめてほしくない弓や刀矢たちに献金するため、さらに稼ぐよう要求する。

薙を呼び出した朝日。笑顔で「君は普通になっちゃうね。刀矢くんたちと同じステージではなくなっちゃう」と語りかける。薙に「そんなことない」と否定されると「そんなことないじゃん!」と声を荒げ、刀矢と同じステージにいたいのであれば、義経を殺すべきだと暗に伝え「事故にみせかけて押す。パーン!」と殺害方法を教えた。彼の脅迫に、薙は決意する。

義経の机にラブレターが。朝日は「義経先生モテそうだもんなー。カワイイ顔しているもんなー」と言いつつも「ただし、行っちゃダメですよ。話を聞くだけでも問題になりますから」と注意。しかし、話を聞いてあげるべきだと現場へ。すきをついて薙は、義経を階段から突き落とす。その様子を見た朝日は「うずくな~!」と喜んだ。

翌日、教室は義経の噂でもちきり。朝日は、生徒たちに義経が危険な状態であることを告げる。そこに、頭に包帯を巻き、腕にギブスを巻いた義経が現れた。ふらふらになりながらも「私の彼女(松本まりか)は教師をしていました」と語りだす。街中で何者かから階段に突き落とされて、生命維持装置がないと生きられないという。義経が調べたところ、犯人は教え子。イジメを受けていたAくんが、同級生にけしかけられる形で犯行に及んだ。

「私の彼女がそうだったように。人生はまさかのことが起きるんです……薙さん。そう思いませんか?」と語りかける。「人生ー友だち=幸せ」を黒板に書き「人生に友だちなんていない方が幸せです」と訴えた彼に「そんなことない!」という薙。義経は、薙の指示で“パパ活”をしている生徒に「薙さんの言うことを聞く理由がありますか?」と問いかける。

もう指示を聞けないという彼女たちの答えを聞いた義経は、薙に向かって「友だちでいる価値がないと判断されてしまいました。そして、あなたが友だちで“いたい”と思った人たちにとっても、あなたは価値がなくなったのかも。でもそれでいいじゃないですか。自分が自分でいられなくなるなら、友だちなんていない方が幸せです……自分を捨ててまで必要な友だちなんかいないんだよ!」と訴えた。「もしよければ私が手助けしましょうか」と手を差し伸べ「はい。仲直り」と言うと、倒れてしまった。

ネット上では、怒涛の展開について「メインどころほとんどカオスで怖いけど見ちゃうドラマ1位なんだよな」「義経の言葉が心に染みたっっ」といった声が。また、朝日の二面性に「朝日先生ヤバいww狂気すぎでしょ」「朝日先生サイコタイム 闇めっちゃ感じる」とのコメントがあった。

次回第3話は11月14日に放送。作戦をことごとく失敗する刀矢。今度は弓に声をかけて……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル