top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

SexyZone・中島健人、“あざといテクニック”大放出に視聴者から尊敬の声「レッスン代払って教えてもらいたい」

テレビドガッチ


SexyZone・中島健人が11月7日に放送された『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系、毎週土曜21:55〜 ※一部地域を除く)にゲスト出演。MC陣も思わず舌を巻くほどの“あざといテクニック”を大放出する様子に、インターネット上では「レッスン代を払って技を教えてもらいたい」と尊敬の声が上がった。

“あざといと思った・思われた男女の言動”を視聴者に徹底アンケート。それを凝縮した再現VTRを、MCの山里亮太(南海キャンディーズ)、田中みな実、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)がチェックし、「あざとさ」について徹底的に語り合うバラエティ。今回は、Mr.Children・桜井和寿の長男であるKaito、小西桜子、加藤玲奈(AKB48)が再現ドラマに出演し、あざといテクニックをいかんなく発揮する年下男子と、それにメロメロにされる年上女子を熱演した。

中島の登場に「(この番組には)時期尚早!」と声を上げた田中は、「まだお迎えする準備が整ってなかったです」と冒頭からメロメロ。あまりのまぶしさに中島を直視できず、チラリと見てはすぐに視線を山里へと移す田中に、思わず山里が「俺で味をととのえるんじゃないよ!」と突っ込む。

『ミュージックステーション』で何度も共演経験があるという弘中は、「20歳のときから天賦の才能がある」と中島を絶賛。自分の衣装を「プリンセスみたい」と褒めてくれるのは「朝飯前」といい、番組スタッフに対しても「髪切りました?」「この前話していた彼女さんとどうなりました?」と積極的に声をかけるため、男女問わず中島のことが「みんな大好き」だったという。

顔を合わせる相手に対しては「初回から2回目以降は絶対に名前で呼ぶようにしている」と中島。相手の好みもきちんと把握し、メイク担当のスタッフがある店のシュークリームが好きと聞けば翌日にはその店のシュークリームをメイク室に置くほどだといい、その徹底ぶりにMCの3人ははげしく感心する。

様々なエピソードを語ってくれた中島に対して、「これを全国放送で言うっていうところが格好良い」と田中は絶賛。中島は、「相応の覚悟で来てます」と微笑みながら、今まで手札を表に公開したことはないが、今日は手札を表にしていると話す。そして、「あざとさはバレちゃいけないんですよ。サンタさんと一緒」という名言を中島が放つと、3人はスタジオの“あざとい”ボタンを壊れそうな勢いで激しく押しまくっていた。

番組後半では、弘中がこれまでに出会ったという“あざとい男”のエピソードを再現ドラマで紹介。年下ならではの「甘えんぼキャラ」で加藤演じる弘中を落としていく様子に、中島は興奮気味に「あざといボタン」を連打。“あざとい男子”の目線でそのテクニックの秀逸さを解説していく。

多くの人々をとりこにする“あざといテクニック”を惜しげもなく披露する中島に、ネット上では「健人くん最強すぎるでしょ。どれだけの人を落としてきたの?」「『あざと男子』の意見が聞ける日がくるなんて」「ケンティーのあざとさは凄すぎて、 レッスン代を払って技を教えてもらいたい」などと、感心の声が相次いだ。

次回は11月14日に放送される。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル