top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

なにわ男子・高橋恭平演じる神木累の恋路が切なすぎ!自分の気持ちを伝えるべきだと仲間に言われ…

テレビドガッチ


なにわ男子(関西ジャニーズJr.)が主演するドラマホリック『メンズ校』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~)の第5話が11月4日に放送された。インターネット上では、「思った以上に神木の恋が切なすぎて泣いてしまった」など神木累(高橋恭平)の恋路に対してのコメントで盛り上がりを見せていた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、和泉かねよし著「メンズ校」(小学館フラワーコミックス刊/全8巻)が原作で、貴重な“アオハル(青春)”時代をドへき地にある全寮制名門高校という男だらけの閉ざされた場所で送っている、男子高校生7人の“ひと夏の物語”が描かれる。

離島にある全寮制の進学校「私立栖鳳(せいほう)高校」に入学した牧主税(道枝駿佑)。閉ざされた自由のない生活にうんざりしつつも、自由な友人たちと平和な毎日を楽しく過ごしている。

ある日、寮に神木(高橋)の姉、真奈(加藤小夏)がやって来た。色めき群がる寮生から神木を見つけた真奈は久しぶりの再会を喜び、姉として彼を気遣ったり、「一緒に花火大会に行こう」と持ち掛けたりするが、神木は「頼むから放っておいて」とそっけない態度。

落ち込む真奈。「前は仲が良かったんだけどな……」とみんなに見せた写真には、“おもちゃのペンダント”を付けている真奈と神木の2人が写っていた。写真を見た牧(道枝)と花井衛(長尾謙杜)は、このペンダントは以前神木が「好きな子から盗った」と話していたのを覚えており、何か事情があるのでは……と考えていた。

神木たちの部屋へ入ってきた真奈は、プレゼントした服に着替えて花火大会へ出発しようと急かすが、神木は「出ていけ。姉貴ヅラするんじゃねぇよ!」と反発。厳しい言葉に、思わず真奈は彼の頬を叩いてしまう。

真奈から、彼らは両親の再婚同士の姉弟であり、血縁関係がないということを打ち明けられた牧と花井は、神木が真奈に対して切ない恋心を抱いていると確信する。

一方、野上英敏(西畑大吾)と源田新(藤原丈一郎)も神木から事情を聞く。「実らぬ恋だ」と話す神木に「父のためにいい子になって、母親のために悪い子になって、真奈さんのために弟になって、それでお前はどこにいる?」という源田の問いかけに答えが見つからない。

最後に真奈は、島を去る前に藤木一郎(大橋和也)に無理を言い、神木の部屋に入れてもらい、そこでなくしたと思っていたおもちゃのペンダントを見つけた。

帰る真奈を追いかけて、自分の気持ちを伝えるべきだというみんなの意見に対し、「(姉は)結婚するんだからこれでいい」という神木。「嘘だ!」と牧……。そしてその答えを同時につぶやいたのは外で盗み聞きをしていた桃井天(大西流星)だった。

「真奈に負担をかける選択を与えることになる自分がつらい」という神木だったが「誰のものでもないお前はどうなんだ!」という再度源田の問いかけに我に返る神木。真奈を乗せて出発する船へと向かって全速力で向かうが、すでに船は出発してしまっていて……。

ネット上では、「ああ〜、ただの学園モノって感じじゃないよね、毎回一言が凄いぐっと来るし感動する」というコメントの他に「みんなの友情が素敵すぎて」「神木良い弟すぎるだろ……」「何かなにわちゃんが出るから見ようと思ったけど普通にドラマ自体が面白くてハマっちゃう」と感動の声が多数あがっていた。

次回の第6話は11月11日に放送。ついに引きこもりの桃井が5人の前に姿を現す……!?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル