top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

広瀬アリス“七菜”に忍びよる記者役の坂口拓にネットは「ライダー素手で倒せそうなフリーライター出てて草」『七人の秘書』第3話

テレビドガッチ


要人に仕える秘書たちの活躍を描く木村文乃主演のドラマ『七人の秘書』の第3話が、11月5日に放送。インターネット上では、菜々緒のあるシーンや記者役で出演する坂口拓に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズや『ハケンの品格』などを手掛けた中園ミホが脚本を担当。望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、パク・サラン(シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)ら5人の秘書たちと、情報屋の鰐淵五月(室井滋)、そしてこのメンバーの元締めとなる萬敬太郎(江口洋介)が“影の軍団”となって、金や権力にまみれた非情な支配者たちを懲らしめていく。

慶西大学病院で働く優秀な内科医・三好麻里(松本若菜)が、患者から現金の入った菓子折りを受け取ったと疑われ、謹慎処分となった。これは病院長・西尾忠彦(大和田伸也)の指示で秘書・サランが用意したもの。息子の直哉(忍成修吾)を内科部長にするため、忠彦が裏で糸を引いていたのだ。

医師会会長の座を狙う忠彦は、財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)と密会。一方、直哉は、親の七光りを浴びて医者の仕事をろくにしない。医療従事者失格の彼らを見てサランは「絶対に懲らしめてやります」と怒りに震え、内部調査を始めた。

一方、直哉を追い込むため、千代、不二子、七菜、三和の4人は、合コンを開催して彼に忍びよる。内部事情を探ろうと、あの手この手で話を聞き出そうとするが、彼らは口を割らなかった。ペアで別れた際、七菜が別の男に話を聞こうとするが、逆にベッドに押し倒されてしまう。間一髪、不二子が手助け。後ろからキックをお見舞いするだけでなく、パンチをして相手を気絶させた。

そんな中、記者の黒木瞬介(坂口)が七菜に接触。彼は、東都銀行・頭取秘書である七菜に、頭取の愛人なのではないかと疑いをかけてきた。さらに、亡くなった元頭取・原福造(橋爪功)が「本当に自宅でなくなったのか?」と聞いてきた。深いところまで質問され、慌てた七菜は「そんなことを調べるのなら、慶西大学病院を調べたらどうですか?」とつい口に。その後、黒木は、慶西大学病院の謝礼強要問題を記事にしてしまった。今回の件を火消しするため、忠彦は病院長を辞職すると記者会見で謝罪。そこで、七人の秘書たちはある作戦を決行する。

ネット上では、それぞれのシーンについて「仮面ライダー素手で倒せそうなフリーライター出てて草」「一度でいいから菜々緒のハイキックを喰らいたい願望がある」「菜々緒かっこよすぎて無理、、、惚れる、、、、、、」「回を追うごとにサラン好きになる」といった反応があった。

次回は11月12日に放送。不二子の過去が明らかとなる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル