top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

仲野太賀演じる誠の“恋の報われなさ”に反響「見送る顔が切ない俳優ランキング日本1位」『恋あた』第3話

テレビドガッチ


森七菜が主演を務め、中村倫也、仲野太賀、石橋静河らが出演するドラマ『この恋あたためますか』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第3話が、11月3日に放送。インターネット上では、仲野の役どころに反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ひょんなことからスイーツ開発を手掛けることになるコンビニ店員・井上樹木(森)と、自らの成功をたくらむコンビニチェーン「ココエブリィ」の社長・浅羽拓実(中村)が、「一番売れる」スイーツ開発を通じて、甘い恋に落ちていくオリジナル脚本のラブストーリー。仲野は、「ココエブリィ」のスイーツ製作専門の会社「ドルチェキッチン」所属のパティシェ・新谷誠、石橋は、「ココエブリィ」商品部スイーツ課の北川里保を演じる。

拓実からプレゼントされたスーツ一式を着て仕事にまい進する樹木は、里保が考案したシュークリームの配送テストを手伝うことに。完璧に仕事をこなす彼女と共に作業や食事をしていくうちに、樹木は心を開いていく。

そんな中、弱点だった容器がネックになり、商品完成が遅れてしまう。浅羽は配送テストにクリアしなければ、発売することが難しいとつきつける。「間に合わせます」と2人は言うものの、万が一のことを考えて、樹木のシュークリームも配送テストを行うと告げた。

樹木が、アルバイト先のメンバーらと家パーティをする中、新谷は浅羽のスーツを発見する。みんなの「例の彼の?」「まだ彼氏じゃない」という会話に対し、誠は「彼? まだ?」と狼狽。樹木は「そんなわけないじゃん!」と否定するが、誠は心ここにあらずといった表情を浮かべた。

そんな中、「ココエブリィ」の発表会で、新商品のシュークリームとして紹介されたのは、樹木考案の商品だった。開発者として登壇した樹木。記者から「ターゲットは?」と問われると「社長です」と回答する。「社長はウソをつかないから。だからムカつくんです。ダメな時はダメ。だから、絶対に美味しいって言わせてやるって、そういう思いで作りました」「スイーツは喜ばせたい相手を思って作るべきです」「お客さんにも喜ばせたい人、一緒に食べたい人がいると思います。そんな大事な人のことを思って買ってほしいです」と訴えた。

新商品発売の日。見事1個売れたことを見届けた樹木は、誠に抱きついて喜びを表現。そのあとも売れ続け、ヒット商品となった。社長室の一岡智子(市川実日子)から報告を受けた浅羽は「そうですか」と冷静に返すも、少しニヤリとして仕事に戻った。

樹木はバイクで誠に送ってもらい、会社へシュークリームを届けにやって来た。誠が、なぜわざわざ商品を渡すのか疑問を投げかけると、シュークリームを作らせてもらったのは社長のおかげであるため「直接渡したい」という。「これ渡したらどんな顔するかな?」と笑顔で向かう樹木を、心苦しそうに見つめる誠だった。

社内のエレベーターで里保とばったり会った浅羽。無理して元気にふるまう彼女を見逃さなかった浅羽は「笑わなくていい。無理して笑うな」と優しく抱きしめる。「本当は悔しかった」と泣きじゃくる里保。その様子を樹木は目撃して……。

インターネット上では「キュンさせにくるよねえええええ」「『無理して笑うな』はパワーワードすぎるしそれからのバグと頭ポンポンは心臓止まる」「太賀さん見送る顔が切ない俳優ランキング日本1位なんじゃないか」といった声があった。

次回は11月10日に放送。樹木は新たに里保とプロジェクトを開始するが、浅羽との仲が気になってしまう。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル