top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

斎藤工がメガホンを取った長編監督デビュー作「blank13」(2018)

エンタメウィーク(映画)

斎藤工がメガホンを取った長編監督デビュー作「blank13」(2018)

解説

俳優の斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンを取った長編監督デビュー作。放送作家のはしもとこうじの実話を基にした家族の物語が描かれる。13年前に突然失踪した父親の消息が判明した。しかし、がんを患った父の余命はわずか3カ月。父と家族たちの溝は埋まることなく、3カ月後にこの世を去ってしまう。葬儀に参列した人びとが語る家族の知らなかった父親のエピソードの数々によって、父と家族の13年間の空白が埋まっていく。父親が失踪した主人公を高橋一生、主人公の彼女役を松岡茉優、失踪した父親役をリリー・フランキー、母親役を神野三鈴がそれぞれ演じ、斎藤も主人公の兄役で出演。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

笑角亭 福さん ★★★★★

俳優の斎藤工による初監督作品。麻雀ばかりやって家庭を顧みず、借金取りに追われる父。子供の頃から彼のせいで貧乏に苦しみ、借金取りの罵声に耐えた家族が父の死をきっかけに彼のことを振り返る物語です。

兄は母親や自分たちに借金を返済させた父に恨みがある一方、主人公のコウジは野球で一緒に遊んだ思い出がある。嫌いなのか嫌いじゃないのか、そんな気持ちさえわからないまま他界した父の葬儀にきたいかにも怪しい人々たち。彼らから父との思い出を聞くと、どうやら彼の知らない部分が見えてくる。こういうのって凄くリアル。

私たちは家で家族に接するときと、外で他人にとる態度ってやっぱり変わりますよね。家族だから許せないことがあったり、他人だからこそ素直に自分らしくなれる場合もあったり。ある意味、どこか自分の家族に照らし合わせて共感する部分がある作品だと思います。憎みきれない父親を好演したのは、リリー・フランキー。やはりこういう役がうまいです。主人公の高橋一生の終始戸惑う空気感、斎藤工の素直になりきれない不機嫌さ、そして母役の神野三鈴の疲れ切った感じが本当にいい。斎藤工の監督としての可能性をとても感じる、実話に基づいた作品です。


「blank13」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル