top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

堀北真希が亡き母の故郷で知る真実とは……「麦子さんと」(2013)

エンタメウィーク(映画)

堀北真希が亡き母の故郷で知る真実とは……「麦子さんと」(2013)

解説

「純喫茶磯辺」「さんかく」「ばしゃ馬さんとビッグマウス」など独特のユーモアセンスにあふれた作品を手がける気鋭・吉田恵輔監督が、堀北真希を主演に迎え、実体験もまじえながら母子の愛情を描いたオリジナル作品。声優になることが夢のアニメオタク女子・麦子は、無責任な兄の憲男と2人暮らし。そんなある日、麦子たちが幼い頃に家を出たまま音信不通だった母親の彩子が突然現れ、同居することに。自分勝手な母が許せず戸惑う麦子だったが、実は病魔に冒されていた彩子は、ほどなくして他界してしまう。麦子は納骨のため母の田舎を訪れるが、若かい頃の彩子とそっくりな麦子は町の人々に歓迎され、それまで知らなかった母の一面を知る。兄の憲男を松田龍平、母の彩子を余貴美子が演じる。挿入歌として松田聖子の代表曲「赤いスイートピー」が初めて映画で使用されている。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画さん ★★★★★

『ヒメアノ〜ル』や『さんかく』といった独特な作風の作品を世に放つ吉田恵輔監督。

堀北真希演じる主人公の麦子と、共に住んでいる兄の元に突然母親が現れる。主人公からしたら記憶があまりないほど関係性が希薄なわけですが、母親はすぐに「麦子ちゃん」と認識し、子供の頃から知っている子供として接している。麦子はそんな彼女に反発するわけですが、二人の共同生活も長く続かず。映画の冒頭でもあるように本作はそんな母親の死から始まる。そして彼女の遺骨を納めに母の故郷を訪れた娘が、母親の知らない顔を知っていく物語なのです。

映画の作りのせいで、母が死ぬことを知った前提で麦子と彼女の生活ぶりを見ていると、なんとも胸が痛い。しかし、子供なら誰しもが親に撮ったことがあるだろう態度、例えばせっかく作ってくれたご飯を食べずにコンビニのものを食べたり、コミュニケーションをとろうとしている彼女を無視してテレビばかりみたり。そういう、やってしまった後に「あっ」と小さな後悔が募っていく描写が積み重なっていく。麦子は母が永遠にそこにいると思っているけど、そうではないことを我々は知っている。その構造が見ていて苦しかったです。親子の愛を描いた作品の中でも非常に印象深い映画でした。


「麦子さんと」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル