top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ひとつの優しい嘘を必死に守ろうとする「鈴木家の嘘」(2018)

エンタメウィーク(映画)

ひとつの優しい嘘を必死に守ろうとする「鈴木家の嘘」(2018)

解説

長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつく。それはひきこもりだった浩一が部屋の扉を開き、家を離れ、世界に飛び出していったという、母の笑顔を守るためのやさしい嘘だった。監督、脚本は橋口亮輔、石井裕也、大森立嗣などの数多くの作品で助監督を務め、本作が劇場映画初監督作となる野尻克己。父・幸男役を岸部一徳、母・悠子役を原日出子、長男・浩一役を加瀬亮、長女・富美役を木竜麻生がそれぞれ演じるほか、岸本加世子や大森南朋らが脇を固める。2018年・第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品され、同部門の作品賞を受賞した。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画さん ★★★★☆

『きのう何食べた?』の監督で知られる野尻克己の初監督作品。実はめちゃくちゃダークな身内の自殺というテーマを題材に、少しユーモアを持ってその死の受け止め方や乗り換えたの多様性を描いています。

引きこもりの兄が自殺をするところから始まり、それを観た母が手首を切って倒れる。幸い、一命は取り留めたものの彼女はショックのあまり記憶をなくしていて、息子が死んだことを知らない。そこで残された家族は彼が異国の地に行ったと嘘をつき、それを貫き通そうとする。ダークコメディさもありながら、なんとも切ないというか。

ふらふらした叔父さんの手伝いでアルゼンチン行ったという事にしたので、アルゼンチンからの絵葉書やアルゼンチンの友達風の外国人が出てくるビデオレターを送ってもらったり。母以外の家族が一丸となってその嘘を守ろうと必死になることで、家族の心がひとつになり、兄がまるで生きているかのように少し楽しい気持ちになれた。

基本的に映画は死んだ兄の妹の視点で描かれていて、生前の兄とうまく向き合えなかった気持ちを見つめ直していく過程に心揺さぶられます。一瞬しか登場しないのに加瀬亮の存在感が半端ない、そして母親を演じた原日出子の演技力が圧巻です。


「鈴木家の嘘」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル