top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

【インタビュー】舞台「チョコレートドーナツ」宮本亞門「人が愛し合ったところに真実が生まれるということを大切にしたい」 谷原章介「ポールとしてルディの一番のファンでありたい」

もっとエンタメ

 12月7日からPARCO 劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」が上演される。原作は、日本でもロングランヒットしたトラビス・ファイン監督の映画『チョコレートドーナツ』。1979 年のウェスト・ハリウッドを舞台に、ショーパブの口パク・ダンサーとして働くゲイの男性ルディが、ゲイであることを隠す検察官ポールと共に、育児放棄されたダウン症の少年マルコを育てる様子を描く。世界初舞台化となる本作では、ルディを東山紀之、ポールを谷原章介が演じ、演出を宮本亞門が務める。今回は谷原と宮本に、舞台の見どころや、東山の印象などを聞いた。

-映画版を舞台化しようとしたきっかけは?

宮本 2015年にPARCOさんからお話を頂いて、京都に来ていたトラビス監督と初めてお会いしたんです。彼が舞台化を考えているということで、僕も映画版を見ていたので、「ぜひ」と答えたのがきっかけでした。お昼だったのですが、酒を飲みたいぐらい盛り上がりました(笑)。

谷原 僕だったら絶対に飲みますけど(笑)。

宮本 飲みたかったんですけど、状況が状況だったので(笑)。彼とは、映画版の製作秘話などで、いろいろと盛り上がって、「ぜひ、君に舞台版を作ってほしい」と言っていただいたんです。

-映画版はどのような作品だと思いましたか。

谷原 現代でもセクシャル・マイノリティーというのは、僕ら、いわゆるノーマルとされているヘテロ・セクシャルな人と比べると、日々、無意識のうちに感じるストレスが多いと思うんです。それが70年代はもっと深くて、さらに、貧乏やマルコのダウン症もあって、苦しい立場の人が、さらに社会の片隅に追いやられていくというのが、実話だと知ったときにすごく考えさせられました。

広告の後にも続きます

宮本 一歩間違えたらマイノリティーのかわいそうなお話になりかねないんだけど、愛情の話なんです。だから、場所や差別などのジャンルに関係なく、人が愛し合ったところに真実が生まれるということを大切にしたい、と思いながら舞台版を作ろうと考えています。

-では、舞台版の見どころは?

宮本 映画版に対する…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル