top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

死亡宣告され、遺体用冷凍ケースに20時間入れられた男性は生きていた!救出されるも、その後死亡(インド)

カラパイア

cover_e5
image credit: youtube

 死んだはずの人間が息を吹き返す、というミステリアスな事案はこれまでにも発生しているが、このほどインドで、死亡宣告された男性が遺体用冷凍ケースの中で生存していたという出来事があった。

 警察によると、医師からの死亡宣告が誤っていたようだが、家族はそれを知りつつ、冷凍ケースに20時間ほど放置したとみられている。遺体を取りに来た葬儀屋が気が付き、男性は警察により救出されたが、数日後に死亡したという。

74-Year-Old Man Rescued From Freezer; Family Allegedly Waited For Death

まだ生きているのに死亡と診断された男性


 タミル・ナードゥ州セーレムのカンダンパティーに住むバラスブラマニアン・クマールさん(74歳)は、重病で寝たきりの生活を送っていた。

 彼は、妻と娘2人、弟のサラバナンさん(70歳)と暮らしていたが、10月12日に体調が悪化した。

 弟のサラバナンさんが地元の病院へ連れていくと、医師はバラスブラマニアンさんがまだ生きているのにもかかわらず、サラバナンさんに死亡診断書を手渡した。

 その後、サラバナンさんは葬儀屋に連絡。医師からの兄の死亡診断書を見せ、遺体用冷凍ケースをレンタルし、バラスブラマニアンさんをその冷凍ケースに保管した。

 翌日午後5時頃、葬儀の準備をするためにケースを取りに来た葬儀屋は、バラスブラマニアンさんがケースの中で動いているのを見て仰天した。

00
image credit: youtube

警察がこの1件を捜査中


 20時間も冷凍ケースに入れられていたバラスブラマニアンさんだが、目を開いて少し体を動かし、完全に息をしていた。

 葬儀屋が、バラスブラマニアンさんが生存していることを弟のサラバナンさんに確認すると、「医師から死亡診断書は貰っている。体が動いたのは発作が起きたから」などと言い、兄が死んでいることを主張したという。

 疑問を感じた葬儀屋は、警察に通報。駆け付けた警察がバラスブラマニアンさんを救出し、すぐにセーレム市内の病院へ搬送した。

 しかし、バラスブラマニアンさんは16日に死亡したことが地元メディアで伝えられた。

 今回、はっきりとバラスブラマニアンさんの死亡を確認した救急病院の医師は、バラスブラマニアンさんは肺関連の問題で死亡したことを明らかにした。

 ただ、それが冷凍ケースに20時間も入れられていたことの結果なのか否か、ということまではわからないということだ。

 最初に死亡宣告を出した私立病院が捜査の対象になっているかどうかはメディアでは明かされていないが、警察は弟や家族がバラスブラマニアンさんの死を望んでいたことを突き止めており、「人命を危険に晒した、もしくは介護放棄した疑いがある」としてバラスブラマニアンさんの死について、詳しい調査を進めている。

References:gulfnews / Lad Biblewritten by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル