top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

【インタビュー】 ドラマ「マリーミ―!」久間田琳加&瀬戸利樹 ニート×国家公務員の“結婚”を演じて「結婚したくなりました!」

もっとエンタメ

 雑誌『Seventeen』の専属モデルとして人気の久間田琳加と俳優の瀬戸利樹が出演し、現在放送中のドラマ「マリーミ―!」(ABCテレビ・テレビ朝日系)。本作は、架空の法律「ニート保護法」のもと、強制的に結婚することになったニートの女性・陽茉梨(ひまり)と、エリート国家公務員の心(しん)が、徐々に心を開き、家族になっていく姿を描く“ほわキュン”ラブストーリーだ。家族に先立たれ、ひとりぼっちのニートになってしまった主人公・陽茉梨を久間田が、「結婚しない主義」を自称しながらも陽茉梨の夫となる心を瀬戸が演じる。夫婦役の2人に、演じた感想や、撮影現場の雰囲気、作品を通して感じた「結婚観の変化」などを聞いた。

-久間田さんは、本作が連ドラ初出演&初主演となりますが、オファーを受けたときの気持ちを聞かせてください。

久間田 お話を頂いたときは、すごくうれしかったです。ドラマの現場を経験したことがなかったので、不安もあったのですが、現場では瀬戸さんが盛り上げてくださったので、リラックスして撮影に臨むことができました。

-台本を読んだときの感想は?

久間田 キュンキュンが詰まっていて、本当に面白いなと思いました。こんなラブストーリーを演じるのは恥ずかしいなってドキドキしました。

瀬戸 結婚してからストーリーが始まる作品なのですが、2人がすごく初々しいので、付き合う前のドキドキ感や恋愛要素が多く詰まっていて、演じるのが楽しみになりました。

-それぞれ、役を演じる上で意識したことは?

久間田 陽茉梨はニートなのですが、心さんと結婚して、一つ屋根の下で暮らしていく過程を積み重ねていって、昔の明るい陽茉梨に戻っていくので、そういう変化に気を付けて演じました。

瀬戸 僕は国家公務員の役だったので、厚生労働省の仕事について調べたり、いろんな発見をしながらキャラクターを作りました。初々しさはこの作品の肝だと思っていたので、仕事のときはパキッと、陽茉梨といるときは、むずむずするような二面性を出せるように心掛けました。<…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル