top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

森七菜、モテる女を目指して仲野太賀と一大計画『あのコの夢を見たんです。』第3話

テレビドガッチ


森七菜が、仲野太賀主演のドラマ24『あのコの夢を見たんです。』の第3話(10月16日放送)にヒロイン役で出演する。物語の中で、森は“森七菜”として、モテる女を目指し一大プロジェクトを立ち上げる。

原作は、南海キャンディーズ・山里亮太が実在する人気女優・アイドル・モデルたちのイメージから創作した初の短編小説作品「山里亮太短編妄想小説集 あのコの夢を見たんです。」(東京ニュース通信社)。2010年10月から月刊テレビ誌「B.L.T.」にて連載がスタートし、その数は連載時で66本にものぼり、誰もが一度は思い出す青春の1ページから、淡くも切ない恋愛小説、あっと驚くファンタジー小説まで多岐にわたる内容だ。本作で、仲野は“山里亮太”役を演じる。

<第3話 あらすじ>
天真爛漫でいつも明るい人気者・七菜(本人)は、男友達は多いものの恋人ができず悩んでいた。幼馴染で内気なヤマ(仲野)と話していると、七菜は、モテる女性は、少しか弱い悲劇のヒロインタイプであることに気づく。七菜は悲劇のヒロインになるべく、一大プロジェクトを立ち上げる。それから放課後、2人は自由にアイデアを出し合い、悲劇のヒロインに近付くために試行錯誤をするが、ヤマには秘めたる思いがあり……。

前回放送された第2話には、芳根京子がヒロイン役で出演。芳根演じる平凡で内気な医療事務の京子が、世界に平和を取り戻すため、勇者に任命されてしまう……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル