top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

立ち上がる巨大な水しぶき。第二次世界大戦時の不発弾を水中で爆破処理(ポーランド)

カラパイア

2.4トン級の不発弾を水中で爆破処理
2.4トン級の不発弾を水中で爆破処理 image by:youtube

 派手に飛び散る水しぶきとともに吹き上がった水柱は、ポーランド海軍が水中で第二次世界大戦中の不発弾処理を行ったときのものだ。

 不発弾は「トールボーイ」と呼ばれるもの。2019年9月にバルト海沿岸の港町シフィノウイシチェで、シュチェチン(ポーランド第二の港湾都市)へつながる運河を浚渫している最中に発見された。

Biggest World War Two bomb found in Poland explodes while being defused

75年前の巨大爆弾を慎重に水中処理


 この「トールボーイ」爆弾は全長6メートルで、重さは5トン。その中には2.4トンの爆薬(TNT爆薬3.6トンに相当)が詰め込まれていた。小さな地震を起こせるほどの威力があり、1945年にナチスの軍艦を攻撃したイギリス空軍が投下したものと考えられている。

 ポーランド第8沿岸警備隊のスポークスマンによると、不発弾処理は前代未聞のデリケートな作戦だったとのこと。

 現場から2.5キロの範囲は通行止めになり、周辺住民750名も避難。慎重に作業が進められ、大事なく起爆することに成功した。

 コロナが大流行する今、外出する方が危険だとして、避難を拒否する住民も中にはいたそうだが、それでも住民・建物・インフラに被害はなく、作業にあたった海軍のダイバーも無事だったようだ。

1_e
image by:youtube

 大戦中、シフィノウイシチェはバルト海に駐留するドイツ海軍にとって最重要拠点であり、大規模な爆撃を受けてきた。そうした歴史から、この町ではときおり不発弾が発見されるのだという。

 1945年4月、イギリス空軍第617飛行中隊、通称「ダムバスターズ」はこの地域に駐留するアドミラル・ヒッパー級重巡洋艦「リュツオウ」に12発のトールボーイを投下。今回の不発弾は、このうちの1つであるようだ。

2_e
トールボーイ爆弾 image by:public domain/wikimedia

 「トールボーイ」はイギリスの技術者バーンズ・ウォーリスが第二次世界大戦後期の1944年に、堅牢な構築物を破壊する作戦に投入するために開発した大型爆弾である。

 小型爆弾では効果がない巨大なコンクリート構築物を貫通し破壊することが目的で、ドイツ軍のUボート基地を度々攻撃した。

References:euronews / nbcnews / / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル