top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

対人間用かな?人が捕まえられるほど巨大な蜘蛛の巣が発見される(アメリカ)※蜘蛛出演中

カラパイア

人間が捕まえられるほど巨大な蜘蛛の巣が発見される
人間捕獲用の蜘蛛の巣? image credit:Missouri Dept. of Conservation/Facebook

 もうすぐハロウィーン。ということで、タイムリー(?)ともいえるニュースがアメリカのミズーリ州から届いた。

 同州自然保護局スタッフが森の奥深くで、人間が捕まえられるほどの大きな蜘蛛の巣を発見。これは、オーヴウィーバー(Orbweavers)と呼ばれるコガネグモ科のクモの巣だという。『UNILAD』などが伝えている。

巨大なクモの巣が森の奥で発見される


 9月30日、ミズーリ州自然保護局はFacebookでスタッフが発見した巨大なクモの巣の写真をシェアした。


 アカウントによると、スプリングフィールド近くの小道を探索中のスタッフが発見したという。

 このクモの巣の持ち主は、コガネグモ科のオーヴウィーバーというクモで、同州に多く生息しているようだ。

spider-640948_640_e
skeeze/pixabay

 秋が近付く夏の終わり頃になると、巣のサイズは目立つほど大きくなると同局のサイトでは述べられている。


巨大なクモの巣にネットユーザーら、驚きの声


 この特定の種のクモは、蛾やガガンボなどを捕食するために、このような巨大なクモの巣を作り上げるわけだが、まるで車輪のような形をしていることから、クモの名は円形を意味するオーヴウィーバーと付けられたという。

 サイトによると、次のように綴られてある。

多くのコガネグモは夜行性で、毎日巣を食べて再構築する習慣があります。巣は夕暮れ時に紡がれ、夜に獲物を捕らえるために使用されます。

クモは、集まった露の水分とともに巣を摂取し、新たな巣を作る際の栄養素としてリサイクルしています。

hairy-field-spider-884463_640_e
Sonel/pixabay

 保護局のFacebookアカウントには、この巨大なクモの巣に驚きの声をあげるユーザーが相次いだ。

・小さなクモなのにこんな大きな巣を紡ぐなんて、ただ驚かされるわ。

・完璧な仕上がり、って感じだよね。

・美しく複雑な自然の驚異だな。

・自然の建築家の素晴らしい作品。

・間違っても、このクモの巣には体当たりしたくないわ。

・これだけの作品、次の日には食べちゃうなんてなんだかもったいない。

・美しいけど、怖い。

・クモは嫌いだけど、この巣は素晴らしいと思う。

 なおミズーリ州保護局によると、このクモは比較的大きいサイズで毛深いが、人間にはほとんど無害であり、巣の大きさは安全な距離から観察できるには、十分のようだ。
 
written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル