top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

町田啓太、赤楚衛二扮する純朴男子にパジャマを手渡し(眼福間違いない)『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』

テレビドガッチ


赤楚衛二と町田啓太が出演するドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京ほか、毎週木曜深夜1:00~)の第2話が10月15日に放送される。オンエアを前に見どころを紹介(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、通称「チェリまほ」として親しまれている豊田悠の同名コミックが原作。「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」というまことしやかに囁かれている都市伝説が、現実となってしまい、「触れた人の心が読める」という能力を手に入れた主人公・安達清(赤楚)は、この力を持て余していた。ところがある日、仕事の出来る同期のイケメン・黒沢優一(町田)の心を読んだことで、自分への恋心を知ってしまうところから物語が動き出す。

残業で終電を逃した安達は黒沢の勢いに押し切られ黒沢の家に泊まることに。次々と伝わってくる黒沢の妄想は恋愛経験ゼロの安達には刺激的すぎて、(まさか襲われる!?)と勘繰るが(ないない、それは黒沢に失礼!)と自分の頬をぴしゃり。いざとなれば、心を読めるし、何とかなると腹をくくる。

間接照明や観葉植物……モテオーラ全開の部屋にソワソワする安達だったが、自分が好きな漫画を発見。あわてて、片付けようとする黒沢に「俺も好き」と告げ、意外な共通点に親近感を覚える安達であった。

お風呂が沸いたところで、黒沢からパジャマを手渡された安達。手が触れた瞬間、(こんなご褒美、いいのか。安達に似合うと思って買ったパジャマをマジで着てもらえるとは。眼福間違いない)と黒沢の心の声が聞こえてきたため、とっさにパジャマを奪い取る。

お風呂からあがり、おどおどしながらパジャマ姿でリビングへ現れた安達を見た時の黒沢の表情は幸せそのもの。好意がばれているとはつゆ知らず、リビングに安達用の布団を整え、自分もバスルームへ向かった。

どうふるまっていいかわからない安達は、寝たふりを決め込むのだが、黒沢にとっては大好きな安達が自分の家に居るという夢のようなシチュエーション。そろりそろりと黒沢の足音が近づいてきて……。

後日、黒沢との関係に悩んだ安達は、親友で恋愛小説家の柘植将人(浅香航大)に相談することに。ところが、悩み相談のはずが親友の意外な事実を知ってしまう! 柘植に相談したものの、相変わらず黒沢への接し方に悩み、もやもやしっぱなしの安達だったが、改めて黒沢のやさしさに触れ、ある行動に出る!

第1話では、黒沢が安達のうなじのほくろに反応し、心の声がもれてしまうところやマフラーを巻くシーンが話題に。第2話では、黒沢の家に安達が泊まることになるのだが、2人の距離は縮まるのか。また、親友・柘植の意外な事実とは!?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル