top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

挿入歌はEveの「心海」映画『ジョゼと虎と魚たち』

フィールドキャスター





芥川賞作家・田辺聖子の代表作『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)。 2003 年に実写映画化されて話題を集め、さらに海外でも注目を集める本作は、時代が変わっても色褪せることなく愛され続けている。



そんな名作として今も根強い人気を誇る『ジョゼと虎と魚たち』が、中川大志と清原果耶をW 主演に向かえて12月25日に劇場アニメとして公開される。



解禁となった本予告では、ジョゼから投げかけられる無理難題に振り回される恒夫のコミカルな姿が笑いを誘う一方で、「あいつ、一人ぼっちなんだよ」という恒夫のセリフから、わがまま放題なジョゼが心に抱える孤独や寂しさも感じられる。



【夢は夢、現実は現実】、【願いが叶うなんて迷信】という言葉にふさぎ込んでしまいそうなジョゼに「自分で確かめたいんだろ?」と声をかけ、ジョゼと共に様々な場所に出かける恒夫。



今回初披露となったEveによる挿入歌「心海」と共に、泣いたりふてくされたり必死になったりと幾つもの表情を見せるジョゼが、最後に見せる満開の笑顔は2人の明るい未来を暗示しているのか、それとも…?



2人の物語の結末が益々気になる映像となっている。



©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project


TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル