top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

何かを無理やり考えないようにするのは無理。脳の奥深くに隠れた思考が潜んでいる(オーストラリア研究)

カラパイア

思考を制御するのが難しい理由
考えていないつもりでも、隠された思考が潜んでいる/iStock

 例えば禁酒中の人がいる。飲みたくなるからお酒のことは絶対に考えないにしているという。だがそれは無駄な努力だろう。頑張ってみても、結局はそればかり考えてしまうのがオチだ。

 そもそも人は自分の思考をどのくらい制御できているのか? これを知るために、オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究グループは、人が思考を抑制しようとしているときの脳の様子をスキャンした。

 その結果明らかになったのは、隠れた思考の存在である。考えるなと言われて考えなかった人であっても、本人も気づかぬ思考が脳内に形成されていたのだ。

 「このことは、精神的なイメージを抑えようとしても形成されるということを示唆しています」と、認知神経科学が専門のジョエル・ピアソン教授は説明する。

想像するなと言われても本人が知らない間に思考が形成


 その研究では、参加者15人に指定された視覚イメージ(緑のブロッコリーか赤いリンゴ)を一定時間想像しないよう試みてもらうという実験を行った。

 このときの脳の活動をfMRIで測定して、思考を抑制しようとした脳内で何が起きているのかを明らかにするのだ。

 なお参加者は前もって視覚イメージと思考を抑制する練習をしており、本番中は指定されたイメージを別のイメージで置き換えないというルールに従っていた。

ブロッコリーとりんご
Pixabay

 何らかの思考が発生するとき、脳内では神経細胞が発火し、血液の酸素が取り込まれている。こうした酸素の流れをfMRIで測定すれば、特定の空間パターンを描き出すことができる。

 研究グループは、こうした空間パターンを「マルチボクセル・パターン解析(MVPA)」という機械学習型アルゴリズムを用いて解読。

 こうすることで、それが脳内にある野菜(果物)のイメージによって形成されたのか、それとも別の思考によって形成されたのか区別できるようにした。

 実験終了後、8人がイメージを想像しなかったことに自信たっぷりだったそうだが、fMRIによるスキャンは別の真実を明らかにしていたという。

 想像しなかったと確信を抱く人の脳を客観的に観察してみると、視覚に関連する領域にそのイメージが存在していたのだ。「脳内のイメージを司る視覚野は、本人が知らない間に思考を生み出していたようです」と、ピアソン教授は説明する。

iStock-1176988291
iStock

無理やり何かを考えないようにするのは無駄な努力


 この結果は、無理やり何かを考えないようにしてもほとんど無駄である理由とも関係しているそうだ。

 ゆえに「禁酒しようとお酒のことを考えないよう務めるのは、ひどい下策」になるという。

 思考のコントロールは、心の健やかさにつながる大切な技術だ。これがうまくできず、不愉快で、心をかき乱すことばかりを考えて苦しむ人たちが大勢いる。

 今回の機能的脳マッピングは、そうした侵入思考の治療の研究を進める手助けになるだろうとのことだ。

この研究は、『Journal of Cognitive Neuroscience』(8月7日付)に掲載された。
Decoding Nonconscious Thought Representations during Successful Thought Suppression | Journal of Cognitive Neuroscience | MIT Press Journals
https://www.mitpressjournals.org/doi/abs/10.1162/jocn_a_01617
References:newsroom/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル