top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

そばにいたいの。散歩中に倒れた飼い主が心配で救急車に飛び乗った犬(ブラジル)

カラパイア

飼い主のピンチ、そばに寄り添いたかった犬
飼い主のピンチ、そばに寄り添いたかった犬 image credit:Anderson Fechner Bahi/Facebook

 犬は人間の、それも男性にとっての大親友と言われるが、ブラジルでそれを証明するかのような忠実な犬の姿が目撃された。

 突然、路上で具合が悪くなった男性が、救急車で病院へ搬送されることになったのだが、男性と一緒にいた飼い犬は迷わず救急車に飛び乗り、男性の傍に寄り添おうとしたのだ。その光景が通行人の男性に捉えられ、Facebookでシェアされた。

路上で忠実な姿の犬を目撃した男性


 ブラジルの最南端に位置するリオグランデ・ド・スル州に住むアンダーソン・バヒさんは、8月30日の夜、仕事から車で帰宅途中にある光景を目撃した。

 ちょうど道路の反対側に、1台の救急車が止まっていた。どうやら、犬と散歩をしていた男性が突然具合が悪くなり倒れたようだ。

 駆け付けた救急隊員が、男性を救急車の中へ入れると、男性と一緒にいた犬は救急車の後部バンパー部分に飛び乗って、飼い主と離れまいとした。


 その姿を少し離れた場所から見ていたバヒさんは、犬の飼い主へのまっすぐで忠実な態度に感動させられたという。

犬の飼い主への純粋な愛の形がそこにありました。幸いにも、救急隊員は犬に気付いて、ドアを開けて犬が飼い主の傍についていられるように中へ入れてあげていたのでホッとしました。


病院のドアの外で飼い主を待ち続けた犬


 その後、病院へと搬送された飼い主と犬。飼い主が病院の中に運ばれると、犬はドアの外で辛抱強く飼い主が出てくるのを待っていたようだ。


 病院から連絡を受けたのか、近所の動物救済者マリア・ルシア・ムニスさんが病院へとやって来て、犬を一晩預かることを申し出た。

 しかし、幸運にも犬の飼い主は45分ほどで退院を許可されたようで、犬はほどなくして飼い主と再会することができた。男性の家族も、連絡を受けて病院へと到着し、犬と男性は家族と一緒に家に戻ったという。

 動画を見たユーザーらからは、「やっぱり犬って忠実」「救急隊員、やさしい」「飼い主がすぐに病院から出られてよかった」といった声が寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル