top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

菅野美穂演じる恋愛小説の女王が、オタク娘と恋愛に奔走するラブストーリー!北川悦吏子脚本『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』

テレビドガッチ


菅野美穂が、2021年1月スタートの新水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』で主演を務めることが決定、コメントが到着した。

「どうしたことだろう」と母(アラフォー)は思っていた。“恋愛小説の女王”と呼ばれた私の娘に彼氏が出来ないなんて。でも理由は明らか。娘はオタクだからだ。しかも筋金入りの。「あ~、あの子が二次元にまみれて、一生家にいたらどうしよう!?」。一方、「私だって恋してみたい」と娘(20歳)は思っていた。「でも、漫画は次々に新刊が出るし、コミケに向けてコスプレの準備もしなきゃだし。オタクの私は結構忙しいのだ。なんていうか、“ご縁”もなかったし。そんなことより心配なのはウチの母! いい歳して天然、暴走、世間知らずなかーちゃんを放ってはおけない」。そんな時、とある理由から2人は突如決意する。「私たち、恋をしよう!」。娘にとっては人生初の、母にとっては久々の、“恋”! これは、少女のような天然母と、しっかり者のオタク娘、トモダチ母娘の、エキサイティング・ラブストーリーだ。

脚本を担当するのは北川悦吏子。NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』(2018年)以来の連続ドラマ脚本、日本テレビ系では『たったひとつの恋』(2006年)以来となる。そして、菅野が主人公であるシングルマザーの恋愛小説家・水無瀬碧を演じる。2016年『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系)以来の主演作、日本テレビ系では『曲げられない女』(2010年)以来の主演となる。

菅野の起用に関し、日本テレビ情報・制作局プロデューサーの小田玲奈は、「菅野さん演じる碧は、“規格外なお母さん”です。自由奔放な言動から『母親としてどうなの!?』と思われてしまうかもしれないこの役を、菅野さんなら可愛らしくて愛される“かーちゃん”にしてくれると確信しています」と期待を寄せる。

<北川悦吏子 コメント>
母と娘の話をずっと書いてみたいと思っていました。母と娘のラブストーリー。そして、超ド級のコメディ。でも思わぬところで涙がポロリ。今までの既存のドラマの概念から抜け出すつもりです。アバンギャルドなこのドラマ。さてのるかそるか、の大冒険です! みなさん、ついて来て(祈!)

<菅野美穂 コメント>
北川悦吏子さんの作品は、セリフがリアルだったり、リアルからちょっと離れた夢の世界をいったりきたりするところがとても好きです。特に『ロングバケーション』の「足の中指って薬指っぽくない?」というセリフが素敵で印象に残っています。

これまで北川さんの作品に出演する機会がなかったので「もうないのかな」と思っていたところ、今回ご一緒することができ、本当に嬉しいです。

このドラマは、ホームドラマのような要素もある一方で、恋愛したいお母さんとオタクの娘という、ドラマとしては新しい親子像が描かれています。ホッとできる部分と新しい部分、そして北川さんの紡ぐ会話によって、軽やかで楽しいドラマになる予感がしています。

私自身も子育て中の母親ですが、まだ小さいので「子の恋愛で悩む」というのは未知の世界です。ただ、いろいろなことが少しずつわかるようになってきているので、ゆくゆくはドラマも見てもらえたら嬉しいですね。その時に恥ずかしくないよう、今、一生懸命務めたいと思っています。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル