top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

柴咲コウの演技力に視聴者脱帽!“10歳の泣き方”に「守ってあげたい」『35歳の少女』第1話

テレビドガッチ


柴咲コウ主演の土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第1話が、10月10日に放送。インターネット上では、柴咲の演技力を絶賛する声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

『家政婦のミタ』『同期のサクラ』(共に日本テレビ系)の制作チームが集結する本作は、『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組むオリジナルドラマ。

1995年、今村望美(柴咲)は自転車事故に遭い10歳で長い眠りに。そして、2020年、25年ぶりに目を覚ました。優しかった母・多恵(鈴木保奈美)と父親・進次(田中哲司)はすっかり老け、まだ幼かった妹・愛美(橋本愛)は30歳を超えた大人に。そして何より、自分の姿かたちが様変わりしていたことに望美は受け入れられないでいた。

彼女が眠っている間、家族はバラバラになっていた。献身的に看病していた多恵は、望美に刺激を与えないようにするべく、幸せな家族を演じるよう指示。望美が退院した日に、お祝い会を開くことにした。家族のほかにも、望美の初恋相手・広瀬結人(坂口健太郎)の姿も。なんとか歩くことはできても、喋ることはままならない望美。心の中で“このおじさんが結人くん。悪夢だ!”とつぶやく。それから、家族と結人のぎこちない食事会が始まった。不思議そうな顔で結人を見つめる望美。会話をする中で、結人が小学校の教師をしていると知ると、望美の表情がみるみる明るくなっていく。

それから堰を切ったように教師論を語る結人。彼を笑顔で見つめる望美だったが、突然「いじめなんてなくて、いい思い出をいっぱい作ってくれたら、教師になって良かったなって……そう思っていました」と結人。続けて「そんなのウソです。俺は今教師なんてやっていません。ばかばかしくて辞めました」と保護者や生徒の文句を語っていく。

結人は悲しそうな表情で見つめる望美に向かって「悪いな。ご期待にそえなくて」と、今は代行業をしていると告白。さらに、ウソをついたのは、多恵に頼まれたから。「俺はお前が思っている結人くんじゃねーんだよ!」と言いつつ「ずっと寝たまんまの方が良かったんじゃねの?」と不満をぶつけた。そんな彼の言葉に、望美は声をあげて号泣。愛美も「本当のことを言ったほうがいい」と家族全員が離れて暮らしている、と現実をつきつけた。翌日、望美は行方不明に。彼女は小学校の前に立っていた……。

ネット上では、柴咲の号泣シーンに多くの反応が。「柴咲コウの演技すごいな、10歳の女の子の泣き方……」「まるで10歳が泣いているかのような演技……柴咲コウ凄すぎないか……」「不思議だ。柴咲コウを通して泣き崩れ、興味津々になり、興奮する顔は10歳のする顔なのだ。役者陣の憂いた顔も善い」「柴咲コウを守ってあげたいっていう感情が芽生えた(笑)」といった声があった。

次回第2話は10月17日に放送。望美は自身の体の変化、世間の変化に戸惑うが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル