top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

吉高由里子、初共演の妻夫木聡を「すごく反省しぃで、引きずりしぃ」『危険なビーナス』

テレビドガッチ


10月11日から放送がスタートする日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系、毎週日曜21:00~)の制作発表会見が10日に都内で行われ、主演を務める妻夫木聡、ヒロインの吉高由里子、ディーン・フジオカ、中村アンが出席。撮影中のエピソードなどを披露し、場を盛り上げた。

本作は、ベストセラー作家・東野圭吾の傑作同名ミステリーをドラマ化。とある失踪事件をきっかけに、主人公・手島伯朗(妻夫木)が巨額の遺産をめぐる謎に挑む姿を描く。

妻夫木にとって、TBSの連続ドラマで主演を務めるのは、2004年4月期に放送された『オレンジデイズ』以来16年ぶりとなる。「16年前の自分に恥じないように演じられたら」と意気込みを語ると「ドラマのTBSと言われているぐらい素晴らしい作品が多いので、脚本ができる前から、原作を読んでイメージをつけて臨みました」とやる気満々の様子。

ある日突然 「弟の妻」と名乗り、手島の前にやってくる謎の美女・矢神楓を演じた吉高とは初共演となる。妻夫木は、彼女に対し「明るくて人懐っこい」と語りつつ「オンとオフがしっかりしていて、現場ではいろいろな人の動向をうかがいながら動くクレバーな方」と第一印象。

一方の吉高は「笑った顔が素敵で明るくハッピーなタイプかと思っていたら、実際は物事を1から10まで考えるストイックな方で、常に頭を働かせている印象」と語る。そんな頼れるお兄さん的な妻夫木だが、この日の朝に放送された『王様のブランチ』で、先日の『オールスター感謝祭』で行われたアーチェリー対決で負けてしまったことを、いまだに反省している姿に、吉高は「すごく反省しぃで、引きずりしぃ」と笑顔で突っ込み。

すると妻夫木は「賞品が叙々苑弁当ですからね。スタッフの皆さんが待ち望んでいたわけで」と結果が残せなかったことをここでも後悔。吉高は「そんなに反省しなくていいのに」と慰めていた。

また、妻夫木は吉高にビンタを受けるシーンで、リハーサルでは優しかったのが、本番では強烈な一発を見舞われたことを明かす。すると吉高は「普段左利きなのですが、そのシーンのときは左手にバッグを持っていて、利き手ではなかった。加減がわからくなってしまって……」と申し訳なさそうに語っていたが、妻夫木は「思い切りやってもらえた方がこちらもいいので」とフォローし、息の合ったところを見せていた。

妻夫木は「東野圭吾さん原作の連続ドラマは久々。謎が謎を呼ぶ展開で曲者しか出てこない。次が見たくなるドラマです」と作品をアピールしていた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル