top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

柴咲コウ演じる“望美”「心は10歳、体は35歳」の自分を受け入れられず…『35歳の少女』第1話

テレビドガッチ


柴咲コウ主演の10月期土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)が10月10日からスタート、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

『家政婦のミタ』『同期のサクラ』(共に日本テレビ系)の制作チームが集結する本作は、『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組むオリジナルドラマ。1995年、不慮の事故により10歳で突然、長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美。待ち受けていたのは、変わり果てた世界と自分だった。現実に戸惑いながらも前を向いて生きる少女の“時をこえた”成長物語だ。この現代版“眠り姫”ともいえる本ドラマ。主人公・望美を柴咲、望美の初恋の相手・広瀬結人を坂口健太郎、望美の妹・時岡愛美を橋本愛、望美の母・多恵を鈴木保奈美、望美の父・今村進次を田中哲司が演じる。

<第1話あらすじ>
幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美はその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。

病室で目を覚ました望美(柴咲)の目の前に広がるのはなんと25年後の「現在」! 実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵(鈴木)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。

しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次(田中)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美(橋本)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の「35歳の少女」である自分を受け入れられず……。

現在に馴染めないまま退院を迎えた日。多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。実はすき焼きは家族にとって因縁の料理。まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。そこに望美の初恋相手・広瀬結人(坂口)が訪ねてくるが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル