top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

柴咲コウ「10歳のころは集団行動に馴染めない女の子だった」

女性自身

柴咲コウ「10歳のころは集団行動に馴染めない女の子だった」

「主人公が何年かの眠りから目覚めるーー。プロットの段階で決まっていたことはこれだけでしたが、最終的にタイトルを聞いてしっくりきました。35歳なのに少女という対比は魅力的ですし、想像力をかきたてられます」

 

そう話すのは、新ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系・10月10日土曜よる10時スタート)で25年の眠りから目覚めるヒロインを演じる柴咲コウ(39)。心は10歳なのに体は35歳という難役だが、あえて年齢に縛られない役づくりを心がけた。

 

「世間では、35歳だから、という思い込みに時にとらわれすぎていると感じていて。自分という人間は年齢に関係なくずっと自分で、根幹は変わらないんだろうと思います」

広告の後にも続きます

 

子どものころは保育士さんになるのが夢だったというが、どんな少女だったのか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル