top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

マツコ、定番のドライブBGMは「銀河鉄道999」「気ままにREFLECTION」と明かす『夜の巷を徘徊しない』

テレビドガッチ


マツコ・デラックスが気の向くままに“妄想徘徊”を繰り広げる自然体バラエティ『夜の巷を徘徊しない』(テレビ朝日系、毎週木曜24:15~ ※一部地域を除く)。10月8日の放送では、「プロのドライバーがおすすめする自慢の抜け道」を紹介してもらった。

地理に詳しいマツコでも知らないようなおすすめの抜け道をプレゼンしてくれるのは、ドライバー歴30年のロケバスドライバー渡辺さん、同番組のドライバーを務める池田さん、ハイヤー運転手で、YouTubeチャンネル「東京抜け道研究所」を今年3月開始し、抜け道動画を60本以上紹介している新里さんの3人だ。

まずはロケバスドライバー渡辺さんの自慢の抜け道を紹介してもらう。渡辺さんは、中目黒から三軒茶屋までの主要道路を回避する抜け道を動画で紹介し、10分の短縮になるとプレゼン。マツコは、道に詳しくない主婦の方や、裏道に入り間違えて行き止まりになってしまったときのことも想像し、「怖いなと思った方はやらない方がいいわね」と助言。と同時に、「そうよね、抜け道に抜けやすいところなんてないわよね。だから抜け道なんだもんね」と妙に納得し、「私好きなんですよ、地図も好きなんですけど昔は本当に走ってね、自分で運転してやってたからね」と、はじめは本企画に対し乗り気ではなかったマツコも、徐々にテンションを上げ始める。

次に、これまでもたびたび番組に登場し、20年来の浜崎あゆみファンだと公言する池田さんが、青山から表参道の抜け道を紹介。「生活圏なんで参考になりますわ」と期待するマツコだったが、「自分で探せなくはないよね」とポツリ。「そういう難易度で言ったら(知らなかった)渡辺さんの方がポイントが高かった。けど生活圏という意味ではこっちの方がポイント高かった。相当いい勝負よ」と、車好きで都内の道にも詳しいマツコを唸らせ、優勝賞金(!?)を獲得する“いい道大賞”の評価ポイントをコメントした。

また、3人の東京近郊絶景スポットを紹介してもらうと、マツコもお気に入りスポットを紹介。中でも、「よく談合坂に行くのは小仏の手前の峠道を攻めるというのが一つの理由ですけど、もう一つはそれが終わって小仏トンネルを抜けてちょうど八王子から朝日が昇る時間に行くの、そこで『銀河鉄道999』をかけるっていうそれが好きなの」と告白。続けて、「あと、実家に帰る時は湾岸線を夕方位に通るんですよ、そこで杏里の『気ままにREFLECTION』を聴くの」と、マツコ定番ドライブBGMを明かした。

インターネット上では、「道に合わせて聴く曲決めてるのいいなーやりたい」「マツコおすすめの中央道で銀河鉄道999♪めっちゃ良いな」「マツコがドライブするのも面白そう」「車を運転しない自分でも面白かった」といったコメントが寄せられた。

次回、10月15日の放送は、続編でYouTuberハイヤー運転手・新里さんの「自慢の抜け道」を紹介する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル