top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

購入してから神棚に…ハロウィンJ当せん者の“願掛け術”

女性自身

購入してから神棚に…ハロウィンJ当せん者の“願掛け術”

現在、発売中のハロウィンジャンボ(1等・前後賞合わせ5億円)。いったいどんな人がどんな買い方で大当たりしているのか、気になる人も多いだろう。

 

そこで本誌では、「宝くじ公式サイト」内で紹介されている、過去3年のハロウィンジャンボの高額当せん者エピソードに着目。その人が当せんくじを購入した売り場を探し当て、奇跡の一部始終を取材したーー。

 

たまたま出張先の福岡市内で購入したくじで’17年ハロウィン1等と前賞合わせ4億円を当てたのは、熊本県の40代男性。購入したのは、JR博多駅の駅ビルにある「マイングチャンスセンター」だ。

広告の後にも続きます

 

「売り場では幸運の金のダルマが店頭に飾ってあり、この大当たりを記念して、両目を入れるセレモニーをしてお祝いしました」(橋本達矢店長)

 

この男性は30枚購入し、家に帰ってからは、神棚にずっと置いておいたそう。

 

つぎは’18年ハロウィンで5億円が出た大阪府「磯上チャンスセンター」。この売り場の販売員が目撃したのは、ハロウィンではなく、’17年のサマー1等5億円当せん者だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル