top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

幻の里帰りはセメダインだけじゃない? 戦前の製品を求める声続々

fumumu

(画像は浅田飴【公式】ツイートより)

ツイッターの投稿がきっかけで、戦前の幻の製品が続々発見された接着剤メーカー・セメダイン。他企業にも見つかっていない幻の製品があるようです。


■戦前の製品が里帰り

社史にもほとんど情報が記載されていない、戦前に作られた製品が立て続けに発見されたセメダイン。ネットの拡散によって「セメダインC」「セメダインB」が持ち主のご厚意で里帰りすることとなりました。

まさにネットミラクルな事態はツイッターでも話題になり「togetter」でもまとめられた様子。これを受けて、中の人は30日、「ツイッターの皆さんが一緒に驚き、喜んでくださったのがとても嬉しかったです」と投稿。改めてSNSのすごさをツイートしました。


関連記事:浅田飴の新製品が”素敵すぎる”と話題 「喉痛くないけどパケ買い」

■明治に処方された水飴

そんななか、ツイッターでは他企業も幻の製品を探す投稿が。

老舗製薬会社・浅田飴の公式は、「胸アツです!」と幻のセメダインが見つかったことに感動しつつ、「弊社の明治20年頃の『御薬さらし水飴』もどこかに眠っていないですかね….」と投稿。

「御薬さらし水飴」とは、漢方の大家・浅田宗伯の処方をもとに明治20年頃に生まれたもので、現在の浅田飴の始まりなのだとか。社名も浅田宗伯にちなみ明治22年に改名したそうです。

★浅田飴のツイートはこちら

■タニタの戦前の製品は…

また今回の流れを「企業にとって浪漫がある」とツイートしたのは、計測器メーカー・タニタ。日々ネットと向き合う中の人にとっては、とくに面白いと感じる出来事だったのかもしれません。

現在は体重計のイメージが強いタニタですが、「戦前後はハンガーや自転車の電子ブザーなど作ってたらしい」とのこと。

「企業では意外とこういう商品アーカイブ(本当に古いモノは特に)が残っていないことが多い」そうで、「持ってる人は教えて」と呼びかけました。

★タニタのツイートはこちら


■初期型デザイン見つかる

なかには、セメダイン発見が話題になる前に、すでに幻の製品が見つかっていた企業も。

マチ付きポリ袋で有名なアイラップは、幻の初期型デザインが以前発見されていたそうで、「すごいぜTwitter…!」と投稿してます。こちらも、持ち主のご厚意で寄贈されたもののよう。

誹謗中傷などで、最近はその使い方に物議を醸しているSNSですが、こういった情報の拡散は嬉しいもの。次はどんな幻の製品が見つかるのか楽しみになりますね!

★アイラップのツイートはこちら

(文/fumumu編集部・五代桜子

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル