top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「また空回り…」 仕事の努力を無駄にしないために、押さえておきたいポイント

fumumu

(Kittiya/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

せっかく努力して仕上げた自分の仕事。「周りから認められたい!」と思うのは自然なことです。

ただ、仕事のやり方によっては、せっかくの努力が空回りしてしまうかもしれません。業務の進め方で押さえておきたいポイントを、fumumu取材班が聞いてきました。


(1)優先順位をつける

「仕事で常に頭の中に入れているのは、仕事の優先順位をつけることです。新人時代に、仕事を頼まれるたびにそちらを優先させて、先に頼まれた仕事を放置してしまうことがあったんです。


優先順位をつけることが下手で、とにかく目の前のことを終わらせよう! と必死になっていました。自分なりに努力はしていたと思うけど、周りから見たら空回っていたと思います。


いま自分がやるべき仕事はなに? と業務開始前に考えるようになってから、業務効率がすごくアップしました」(20代・女性)


関連記事:「今日も仕事が終わらない!」となげく前に… 時間を無駄にしない3つのコツ

(2)こだわりを守りすぎない

「仕事にこだわりを持つことは大切だけど、あまりに独りよがりなこだわりは、業務に悪影響を与えると思います。私も、資料の作り方にものすごくこだわって、とても時間をかけて作っていたんです。


確かに見た目はきれいなんですけど、内容が薄かったり、デザインにこだわりすぎて納期に間に合わないことがあって。よく上司に注意されていました。


大切なことは、きれいな資料を作ることではなくて、情報をわかりやすく相手に伝えることなんですよね。自分のこだわりを守りすぎて、仕事の本質を見失ってしまうと、周りからも信用されなくなってしまうと思います」(20代・女性)

(3)目的をはっきりと

「自分が任された仕事の目的がなにか、しっかり把握しておくべきだと思います。単純な作業であっても、その先には別の仕事が繋がっていますから。


なにも考えずにやっていると、単純なミスを見逃してしまったり、効率が悪くなることもあると思います。上司から頼まれた仕事も、目的がわかっていると、『この情報は調べておかなくていいのかな?』と気がつける可能性もありますよ。


せっかく仕上げた仕事がやり直しになるのを防ぐためにも、ゴールを知っておくことは大切だと思います」(20代・女性)

仕事に自分なりのこだわりを持つことは、モチベーションを保つ面でも大切です。

大事なこだわりが独りよがりにならないように、ときには俯瞰して自分の仕事のやり方を確認してみてくださいね。

(文/fumumu編集部・くまのなな

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル