top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

上司や先輩に好印象を持たれる人が使う 上手な媚びの売り方とは

fumumu

(Rawpixel/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

上司に媚びる人を見て、不快な気持ちになる人もいるでしょう。媚びるのが上手な人は、どのような行動を心がけているのか気になるところです。


■「自分は媚びるのが上手だ」1割程度

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,844名を対象に、自分は媚びるのが上手だと思うか、調査を実施しました。

「上手だと思う」と答えた人は、全体で14.4%でした。

性別・年代別では、10代から30代の女性が高い割合になっています。

fumumu取材班は女性達に、上手な媚びの売り方について話を聞きました。


関連記事:自慢話ばかりの人にウンザリ! 上手な返し方3選

(1)ひたすら褒める

「先輩や上司のことは、とにかく褒めるようにしています。褒められて嫌な人は、ほとんどいません。それなのに世の中には、褒める人が少ないのが事実です。


だからこそちょっとした褒め言葉で、相手は想像以上に喜んでくれるもの。最初は恥ずかしいかもしれませんが、やっているうちに慣れてくると思います。


ただあまりに嘘くさい褒め言葉だと、怪しまれてしまうのがオチでしょう。本当にいいと思っている部分を、少し大げさに言うくらいがいいと考えています」(20代・女性)

(2)慕っている感じを出す

「後輩が懐いてくれると、多くの人はうれしい気持ちになるようです。その心理を利用して、先輩を慕っているような感じを出すと人間関係が円滑になります。


相手の得意なものなどを探して『そういうところが、とても尊敬できますよ』などと言うと、ほとんどの人は喜んでくれます。


ただこれをすると、とても気に入られることもあります。相手によっては飲みに連れ回されることもあるので、それが嫌な人にとっては苦痛でしょうね」(20代・女性)


(3)常に腰を低くしておく

「職場の人にはいつも、低姿勢で対応しています。立場などは関係なく、後輩にも腰が低いんです。相手によって態度を変えるのは最悪ですが、常に低姿勢であれば評価されます。


『この人は、誰に対しても丁寧だな』と思われたら、こっちのものと言ってもいいでしょう。ただ中には甘く見てくる人もいるので、そのような人には注意が必要ですね」(20代・女性)


媚びることによるメリットもあれば、デメリットもあるようですね。

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル