top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「自分のことがわからない…」 自分を理解するための3つのアイデア

fumumu

(Photoboyko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世界中で一番、身近にいるはずの「自分自身」。深くまで理解していると思いきや、自分のことだからこそ、見えなくなる部分もあるようです。

自分の本音を見失ってしまったとき、どうしたら探し当てることができるのでしょうか? fumumu取材班が、自分自身を理解するためのアイデアを聞いてきました。


(1)人に置き換えてみる

「人だとよく見えることも、自分のことになるとわからなくなる場合も多いと思います。自分の気持ちがわからなくなったときは、他人に置き換えて考えてみるのもいいんじゃないでしょうか。


私も、自分の中のモヤモヤの原因がわからないときに、『あの人が自分の立場だったらどう思うかな?』と想像してみることがあります。実際に、その人がどう思うか理解できなくてもいいんです。


そうやって考えることで、客観的に物事を考えられるんですよ。『あの人だったら、私と同じ状況になったら怒るだろうな』と思うと、自分の中にも怒りがあるんだなと気がつけるんです」(20代・女性)


関連記事:「自分らしさ」ってどう探すの? 自分自身を見つける3つの方法

(2)思考を書き出す

「頭の中で考えがぐちゃぐちゃになってしまったときは、紙に書き出すのが一番だと思います。頭の中でずっと思考していると、同じことを何度も考えてしまったり、事実と想像が混ざってしまうんです。


考えを文字にして、それを視覚的に捉えることで、自分の考えが理解しやすくなりますよ。自分がなにをしたいのかわからなくなったときに、よく気持ちを書き出します。


やりたいことや、やりたくないことを考えながら、頭に思い浮かんだことを詳しく書いていくことで、新しい発見があることが多いです」(20代・女性)

(3)ネガティブも認める

「自分に無意識に嘘をついていたときは、本当の気持ちがわからなくなっていました。自分の中のネガティブな感情を認めることが怖くて、無理に明るく振舞っていたんです。


暗い人だと周りに思われるのが怖くて、社交的な人間を演じていたんだと思います。『この人苦手だな』とか、『あの集まりには行きたくないな』とか、自分の本心を無視していました。だんだん、どんなことで自分が喜んで、逆に嫌だと思うのか、よくわからなくなってしまって。


ネガティブな気持ちを丸ごと受け止めることで、『単純に、私はこの人が嫌いなんだ!』と気がつくことができたんです。暗い気持ちと向き合うのは勇気がいるけど、しっかり認めることで、気持ちが楽になるんだなと思いました」(20代・女性)

自分の気持ちは、もしかしたら自分が一番理解できていないのかもしれません。

気持ちに素直になるためにも、自分自身を見つめる時間をぜひ作ってみてくださいね。

(文/fumumu編集部・くまのなな

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル