top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

松岡茉優が若干アウトなこじらせ女子を熱演!「勝手にふるえてろ」(2017)

エンタメウィーク(映画)

松岡茉優が若干アウトなこじらせ女子を熱演!「勝手にふるえてろ」(2017)

解説

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションがあがるが、「ニ」との関係にいまいち乗り切れず、中学時代から同級生の「イチ」への思いもいまだに引きずり続けていた。一方的な脳内の片思いとリアルな恋愛の同時進行に、恋愛ド素人のヨシカは「私には彼氏が2人いる」と彼女なりに頭を悩ませていた。そんな中で「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこう」という奇妙な動機から、ありえない嘘をついて同窓会を計画。やがてヨシカとイチの再会の日が訪れるが……。監督は「でーれーガールズ」の大九明子。2017年・第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、観客賞を受賞した。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★☆

松岡茉優主演のこじらせ女子による恋愛物語。最近観た恋愛モノの中で一番響きました。正直、少女漫画原作モノとか、オリジナルの恋愛モノでも描ききれないリアルな恋の汚い部分やゴタゴタした部分が全て描かれているのできつい人にはきついかもしれない。でも、恋愛ってすんなり進むものじゃないし、自分のことを好きかどうかもわからない過去の人をずっと引きずったり、自分のこと好きな男の人が好きになれなかったりする正直な気持ちが逆に受け入れやすいんですよね。

ギリギリセーフそうで若干アウトな今時の女の子という役柄は、やはり松岡茉優だから演じられたなと思います。彼女の絶妙な眉の動きとか、台詞がセリフっぽくない時とセリフっぽい時の緩急が絶妙です。そして一と二を演じた男性陣も素晴らしい。彼女の初恋の相手である一を演じた北村匠海くんのモテることに興味ない冷めた態度が最高! そして何より二こと霧島を演じた渡辺大知って他の映画でもそうだけど、演技がうますぎるんですよね。最高にうざい男なんですよ、もう地雷踏みまくりで絶対5分間以上一緒の空間にいたくない!って思う鬱陶しさをここまで素直に観客に感じさせるのってすごいです。

誰もが一度は経験したことあるような、ぐちゃぐちゃした感情が全部乗せな映画で一見の価値あり!


「勝手にふるえてろ」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル